2007年8月16日 信州諏訪湖祭湖上花火大会第59回大会      戻る

                                                            
 18:35 高ボッチ高原での日の入り  18:38 高ボッチ高原から東側 右下が諏訪湖
 18:44 高ボッチ高原から南側 魚眼で  18:46 面白い形の雲が少し焼けて
 19:00 諏訪湖湖上花火大会第59回大会  19:01 
 19:01   19:01 
 19:01   19:02 
 19:02   19:02 
 19:05   19:07 
 19:09   19:09 
 19:09   19:17 
 19:18   19:18 
 19:35   19:36 
 19:37   19:43 
 19:43   19:45 
 19:46   19:47 
 19:50   19:53 
 19:54   19:56 
 20:02   20:02 
 20:03   20:03 
 20:06   20:11 
 20:12   20:17 
 20:20   20:20 
 20:24   20:26 
 20:26   20:27 
 20:27   20:27 
 20:38 二尺玉?  20:42 
 20:42   20:42 
 20:42   20:43 いよいよ終わりです

 夕方は、信州諏訪湖祭湖上花火大会第59回大会を撮影して、白馬へ戻ります。
この花火大会は、凄い人出と、聞いてますので、離れた高原から撮影してきます。HPへの、UPが遅れると思います。

 混むといけないと、実家を14時46分に出発し、松本CCの横を走り、高ボッチ高原へ16時11分に到着。
 諏訪湖が見下ろせる、ビューポイントへは600mほど歩きます。標高1644mです。
 柵に沿って、何台かの三脚が据えられていましたが、思ったよりは、まだまだ余裕がありました。

 私も、三脚をセットし、19時を待ちました。しばらくしましたら、東京から来たという男性が、空いていますかと、声を掛けられましたので、
どうぞと。そのことで、少し話しをしました。花火の話と流星群の話です。

 日の入りと、面白い形の雲を撮影しました。

 そして、19時から、諏訪湖祭湖上花火大会第59回大会が始まりました。最初は、小さくて、撮影に失敗しました。
今日の花火の撮影は、SIGMAの望遠ズームレンズAPO 120-300mm F2.8に2倍のテレコンを使用して、240-600mmで使用しました。

 この花火大会は、4万発の花火が使用されるとか。見物人が多いわけです。19時から始まり、終了は20時45分頃でしょうか。
最後の大ナイアガラ瀑布の前が時間が空き、少ししらけましたが、さすがでした。

 白馬のアパートへ戻ったのは、23時少し前で、HPへは一部のUPで、残りは、朝にします。

 16日、朝残りをUPしました。全部で56画像です。

   戻る                EN写真工房   中村 悦義