2006年4月29日
 定点観測。昨日に続き雲一つない快晴の朝です。  Hakuba47で白馬アルプスポークの丸焼きが振舞われました。
 午後2時の部です。午前11時の時には豚の丸焼きがあったそうです。  一人爪楊枝に刺せるだけの肉がいただけました。美味しかったので、2回並びました。
 ガイドセンターの前で大道芸人の芸です。  白馬五竜スキー場のウッディコース入口からのいいもりゲレンデで。

 朝4時10分頃に目を覚ましたのですが、山が霞んでいるようでしたので、また寝ましたら、次に目を覚ましたのは7時を廻っておりました。
 朝食後Hakuba47のガイドセンターへ顔を出し、戻ると、まもなく志岐先生らが到着しました。10時半にホテルシェーンヴァルトを出て、車で白馬五竜スキー場へ向かいました。
 白馬五竜スキー場のゴンドラで、上まで行き、アルプス第1ペアリフトでなおも上に行き、Hakuba47スキー場に向けて滑走開始しました。志岐先生、井上様、石田様と私です。
 ゆっくりと、Hakuba47スキー場のR1を滑り、ガイドセンター前に着いたのは11時半を回っていました。もう一人の若い井上さんがこちらで滑っているというので、志岐先生ら3人はゴンドラで上がって行きました。まもなく若い井上さんが見えました。今朝は7時にスキー場にきて、運転開始から滑っていたそうです。
しばらくして、志岐先生と石田様は戻ってきましたが、年寄りの井上様がはぐれたようで、後刻となりました。昼食をガイドセンターの目庭でいただきました。気持ちのいい天気です。白馬名物の無菌豚の丸焼きが振舞われると、2時前から人が並びだしました。私も撮影後途中から並びいただきました。とても美味くて2回並びました。
 同じ時刻にガイドセンター前では、大道芸人による大道芸が始まりました。それを見てから滑りに戻りました。

次の日へ   戻る    前日へ                  EN写真工房   中村 悦義