2006年6月25日
 朝5:33 ミーテイングが始まっていました。太陽が薄く見えます。  7:18 スタート地点まで押して行きました。
 8:00:49 ローリングスタートからのスタート 長い一日です。  往年の名選手 浅岡さんと津々見さんも運転しました。
 浅岡さんドライブ赤と黄色のミニ。  ドライブした後の西さん。
 西さんドライブのミニ。  12時間を走り終えて。最終ドライバーの小林さんを中心に。

 八王子の山崎モータースの西さんから誘われて、栃木県のツインリンクもてぎでの idlers GAMES MINI & TradMakesFellows& Fellows
12Hours+5Min Endurance を撮影に行って来ました。カーレースの撮影は初めてです。
 24日土曜日の夜8時半に、東大和市の自宅を出発し、一般道をトコトコと走行して、途中で仮眠(5時間半の予定が、
早く目が覚めて4時間半)して、朝ツインリンクもてぎ入口へ4時12分に着いたのですが、入口を過ぎて少し行くと渋滞で、
駐車場の第2パドックへ着いたのはそれから30分後でした。
 急いで用意して、パドックへ行くと、すでにドライバーミーテイングが始まっておりました。
 西さんの姿を見かけましたので、何処ですかと聞くと、本部のそばの赤と黄色の車だよと。本部の後にありました。
 後で聞いた話なのですが、idlers magazine の清家厚志編集長が、ミニでの耐久レースを企画したのが発端で、
当時ミニでのレースは90分止まりだったそうですが、段々レース時間を延ばして6年前から12時間になったそうです。
ミニ主体のレースですが、その他の車もクラス分けで、出走が可能で、今回はミニが37台とその他が89台の計126台が参加しました。
 西さんはこのレースのスタッフの一人で、idlers clubとしての出場です。
 西さんが乗るゼッケン964の赤黄のミニには、往年の浅岡氏や津々見氏(共に第1回日本グランプリに出場の名選手で現在は70歳位)
も運転しました。女性も2人が運転しました。
 最長で1一人が1時間以内の運転と言うことで、48分を目途にドライバー交代です。
 ドライバー交代時はピットで撮影し、走行中はピットがある建物の屋上を中心にそこから撮影しました。
なんせ、カーレースの撮影は最初で、カーレースを現場で見るのも30年以上前に自転車で行きました、
富士スピードウエイでのレース見物以来です。
 途中、公表出来ないようなトラブルもあり、何度もピットインしました。結果は総合105位でミニ クラスで33位でした。
 午後9時過ぎからの表彰式の頭だけ出て、午後9時22分にサーキトを後にして、一般道をトコトコと走り、途中で仮眠を4時間半ほど
採りまして、26日の朝8時10分に大町市の金子歯科医院に到着しました。

次の日へ   戻る   前日へ                   EN写真工房   中村 悦義