2006年11月28日分 東大和市の自宅から
 夕方、武蔵村山市の渡辺酒造合名会社へ、左の画像の清酒を購入に行って来ました。

 近い内に、届ける所へは、届けますからね。

 「吟の舞」や「ぎんから」を知っていますか? 

 東京国税局管内にある東京都、神奈川県、千葉県、山梨県内の36の蔵元が集まり、手頃な値段で良質な清酒を消費者に提供することを目的として銘酒開発協同組合が発足されました。
 ここで開発された協同銘柄が「吟の舞」や「ぎんから」で、東京サミットの乾杯酒に使用されています。

 出来上がった清酒は、銘酒開発協同組合の厳格な審査に合格したものだけです。

 飲みやすくて価格も手ごろな純米吟醸酒ばかりですが、醸造している蔵元によって多少味わいが異なります。
 吟の舞

次の日へ   戻る    前日へ                 EN写真工房   中村 悦義