2006年12月05日分 チャオ御岳スノーリゾートで初滑り
 安曇野の朝。朝日に当たる、中央が常念岳  御岳の峰々。 最高は左の剣ヶ峰(3067m)。 右側の向こうにチャオ御岳リゾートがあります。
 チャオ御岳スノーリゾートの駐車場から  オープンはイーストコースの下部
 第1デュオリフトのみ営業  イーストコースをリフト上から
 イーストコースを  イーストコースを第1デュオリフトのを降りたところから。右は乗鞍岳。
 昼はチャオとんこつラーメン 900円  高橋尚子に、ちなんだ石碑と乗鞍岳

 安曇野の実家で、朝は、6時起床。天気は良い。
 少し、mixiを見る。
 6時半過ぎ、チャオ御岳スノーリゾートのオープン初日の滑りに行きます。
 途中で、カーナビの通りに走行したら、行き止まりです。行き止まりを見落としたな。
 そのため、スキー場へついたのは、9時半でした。
 チャオ御岳スノーリゾートはゴンドラの山麓駅で、標高1810mと高いのですが、まだ人口雪でのオープンです。
 なぜ、ここへ滑りに来たかというと、今シーズンのシーズン券は、SNOWBIRDS CLUB Super Season Ticketを購入した為です。
 一部分のみのオープンですが、風景のすばらしいこと。感激です。
 雪質は、人口雪ということで、硬いのですが、人も少なく、早い昼食前に900mのコースを10本、すっ飛ばしました。
 昼食後、5本滑り、撤収です。
 そして、木曽の村の駅 木曽駒高原 の駐車場で、HPとmixiの更新をしました。
 その後、安曇野の実家で、画像をさらにUPです。


 最後の画像の石碑は、この付近を高地トレーニングの練習地に整備しました。
アメリカのボルダーで高地トレーニングをして、シドニーオリンピックで優勝した高橋尚子に、
ちなんで、 飛騨御嶽尚子ボルダーロード と名づけられました。

次の日へ   戻る    前日へ                 EN写真工房   中村 悦義