2007年1月13日分 白馬から   戻る
 7:02 ホテルシェーンヴァルト前からの定点観測  7:02 ホテルシェーンヴァルト 新雪が少しあります
 8:00 コスモフォーリフトに並ぶ  8:21 2本目のサニーウエイコース ガスが
 10:03 山田涼平様  10:05 山田様 お孫様と一緒
 11:31 井上@Kojii.netさん  11:31 同左
 13:47 田中拓馬指導員さん  13:48 たな〜ほるさん
 16:30 飯森地区の おんべ焼き(どんど焼き)  16:38 年男、年女が火をつける
 16:39 火がついて  16:41 火に包まれました。
 16:41 途中が燃え落ちて  17:03 中心の柱を倒します。

 スキー滑走34日目。ホテルシェーンヴァルトで6時に起床。人工降雪機は、稼動していません。朝の気温が-0.3℃です。 薄く、新雪があります。粉雪が舞ってます。今の天気予報は、昼頃までが雪で、午後は曇りマークです。

 コスモフォーリフトの開門を待って、一番乗りです。サニーウエイコースを快適に滑走しました。パウダースノーコースで新雪上に滑走跡を残しました。コスモフォーリフトを2本とミルキーフォーリフトを1本乗車して滑りました。

 10時から、山田様を撮影させていただきました。この後、井上@Kojii.netさん様を撮影。

 午後、田中拓馬指導員のスキー講習会を試行的に撮影。田中拓馬指導員さんと、たな〜ほるさんをUPしました。皆さん、お上手でした。

 地域によっては「どんど焼き」ともいう「おんべ焼き」。「おんべ」とは「御幣(ごへい)」のこと。
町内各家の松飾や酉の市の松飾りな どを持ち寄って高く積み上げ、角材やワラを火種にして燃やす行事です。
その置 き火で餅を焼いて食べるとその年は無病 息災といわれています。

次の日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義