2007年5月21日 安曇野市から   戻る
 6:13 苗をいただき、田圃へ  8:03 霞んでいた山もバッチリ見えて。鹿島鑓ヶ岳方面
 8:04 常念岳  8:10 同 常念坊の雪形が小さくなりました
 8:21 田植え時の小道具  8:32 1枚目の田植えが始まりました
 8:44 苗が植わらないトラブルも無事乗り越え  9:19 「えぶり」で凸凹になったあとをならします。
 10:04 1枚目がまもなく終了  10:23 2枚目の開始直後
 11:42 2枚目が終了  11:58 苗箱を洗う機械


 今朝は、安曇野市の実家で、4時半起床予定が、起きられず、5時0分に起床。すでに朝日は、山から顔を出しました。残念。

 もたもたしていると、親父に置いていかれました。自分の車で、後を追いかけ、まず、稲の苗を田圃に運びました。1回で21枚積めましたので、
3回往復しました。60枚を運びました。1枚の田は1反8畝で30枚植える予定です。この時は、妹も手伝いに来てくれました。
 それから、朝食を食べました。
 私は、いよいよ田植えに軽トラで出発。親父が田植え機を運転して、来るまで、快晴の山並みを撮影しました。
 丁度悪い場所に送電線の鉄塔が立っていまして、まだ田植えの前で、水の張ってある田での、撮影場所が限られました。
 田植えの終わった田圃もあります。
 しばらくすると、親父が田植え機を運転して、やって来ました。早速、稲苗箱より、苗をはがし(はがす小道具あり)、田植え機へ苗をセットしました。
 そして、親父が田植え開始しました。私は、田植え機が回転して出来た、田のデコボコを「えぶり」で直したり、苗の補充をしたり、と、忙しいです。
2人助手がいれば、田のこちらと、反対側で、「えぶり」を使えると、楽が出来るのですが、1人だと、行ったり来たりが必要です。
 開始して、1往復目の戻りで、1本植えられて無いのに気付きました。旨く苗がセットされてなく、田植え機の爪に、苗がかかりませんでした。
その、苗を採り除き、新しくセットして、田植え再開です。それからは、トラブルも無く、1枚目が順調に終わりました。
 植わった苗は、22箱相当でした。少ないかな。

 少し離れた2枚目の田圃は移りまして、田植えをしました。こちらの田圃のほうが、土が固いようで、「えぶり」を押すのにくたびれました。
 こちらも、22箱程度が植わりました。少し、田圃の中に、苗を置き、計14箱を、戻しに行き、ビニールハウス内へ戻しました。
 苗箱を洗う機械で、洗い、その他の小道具も水で、洗い、終了です。

 遅い、昼食を採り、1時少し過ぎから、2時まで休憩です。この時間にHP等のUPをやり出しましたが、とても眠くなり、中止です。

 午後は、2時少し前に実家を出発し、先ほどの田圃へ行きました。機械では、植えられない、田圃の4隅を手で、植えます。
 水を入れ、除草剤を投げる準備もしましたが、2枚目の田圃は、流入してくる水が、少なく出来ませんでした。
 1枚目の田圃に10袋の除草剤を、適当に、投げ入れました。写真を撮らずじまいでした。

 4時少しすぎに、実家へ戻り、私は、出かけました。
 まず、アカシアの花を見に行きましたが、まだまだです。
 松本市のHさん宅へ、月山のスキー3日目の写真の注文に伺い、すぐプリントしました。奥様からトルコ土産の?をお茶にいただきました。有難うございました。
 ボッチらと東京へ向かいました。塩尻から高速に乗りましたが、眠くなります。途中、中央道はらのSAで休憩をとりましたが、やはり眠いので、
韮崎から下へ降り、いつもの給油所で給油しました。129円でした。
 そこからは、東大和市の自宅まで、下道を走り、23時過ぎに到着です。流石にくたびれました。

次に日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義