2007年5月22日 東京から   戻る
 14:49 新宿センタービル53階から南?側を  15:27 新宿駅南口 紀伊国屋書店とNTTドコモ代々木ビル
 17:36 Krispy Kreme 只今1時間40分待ち  18:24 都庁45階展望室より
 18:33 同  18:33 同
 18:34 同  18:35 同
 18:36 同  18:40 同


 今朝は、東京都の東大和市の自宅で、いつもより遅い起床です。東京へ戻ると朝が、早く起きれません。
 八王子へ、自動車を持って行き、修理に出しました。代車で一旦帰り、午後1時の新宿での待ち合わせに、久し振りに西武線に乗りました。
新宿も久し振りです。保険のおばさんと契約の話をしました。
新宿センタービル内に用事がありましたので、済ませ、53階へ。南側の一部分が見れる場所があります。

 その後、南口の紀伊国屋書店へ本を探しに出かけましたが、見当たりませんでした。 1冊本を購入。

 昨日借りて来た本「熱き心 登山と企業から学んだ人生哲学」平林克敏さん著を、書店の表の椅子で残りを読み終わりました。

 平林克敏さん(当時35歳)は、1970年5月12日、同行のネパール人のシェルパのチョタレーとエベレスト(8848)日本人第二登頂に成功した人です。
前日の5月11日には、日本人としては初めて、植村直己さんと松浦輝夫さんが日本人第一登頂を成功させています。
 平林克敏さん。
 1934年長野県大町市に生まれる。
 県立大町高校の2年生の時の厳冬期に鹿島槍ヶ岳(2890m)に登山し成功。高校生の本格的冬山登山として、全国の新聞紙上をにぎわす。
 同志社大学の山岳部でヒマラヤ遠征に必要な知識の蓄積をはかる。
 関西電力に就職し、黒4ダム建設に夢を託す。国産技術の開発姿勢に感銘を受ける。
 1959年12月、会社に長期休暇を願いを出し、ヒマラヤに出発。
 1960年5月10日、西ネパールのアピ峰(7132m)に初登頂。
 1960年、鞄本ダンロップ(住友ゴム工業鰍フ前身)に入社。非タイヤ部門の事業で業績を伸ばした。
 1963年10月21日、西北ネパールのサイパル峰(7040m)遠征隊福隊長として初登頂。
 1985年5月26日、中国・西チベットのナムナニ峰(7694m)日中友好合同登山隊長として8名を初登頂させる。
 1994年、住友ゴム欧州会社社長として、ベルギーの首都ブリュッセルに駐在。この間、住友ゴム工業専務に就任。
 1998年(本の出版当時)、住友ゴム工業顧問。潟_ンロップスポーツ代表取締役会長。中央ダンロップ梶E住友ゴム特品販売鰍フ取締役会長。
 現在、日本山岳会副会長。

 平林克敏さんの弟さんの節生さんと、先日の月山スキーをご一緒させていただき、昨日本も借用したものです。

 この後、都庁に向かいましたが、途中にある、Krispy Kreme(DOUGHNUTS)の横を通りましたが、先ほどの、1時間20分待ちが、
只今1時間40分待ち、に替わっており、陸橋の上が最後尾でした。

  都庁第1本庁舎(地上48階 高さ243m)の北展望室(地上45階 高さ202m)から、夕陽を撮影しました。
雲があり、山への落日では、有りませんでしたが、満足でした。

 ヨドバシカメラでインク等を購入し、自宅へ戻りました。

次の日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義