2007年5月29日 白馬から   戻る
 5:23 Hakuba47と五竜岳方面を 少し雲が取れて  5:23 白馬三山方面を 雲が取れません
 11:47 大町市の西側からの鹿島槍ヶ岳 中央です  12:03 松川村の下条シャクナゲ園から 1
 同 2  同 3 
 同 4  同 5 
 同 6  同 7
 同 8  同 9
 同 10  同 11 
 同 12  同13 
 同場所で、幻の名花といわれているそうですが、「ヒマラヤの青いケシ」(ブルーポピー)と呼ばれていますと。  メコノプシス・ラトニキフォリアが正式名称で、標高4000m級の高地、ヒマラヤ等に生えていますと。 


 今朝は、白馬のアパートで4時20分に目覚ましをかけて、一旦目を覚ましたのですが、雲が多いため、また寝ました。起床は5時20分過ぎ。雲が多いですが晴れでしょうか。
アパートからの定点観測です。雲が取れたりかかったりです。撮りなおしました。

 今日は、大町市の歯医者で治療を受けた後、大町市の西側で、鹿島槍ヶ岳等を撮影し、次の目的地へ向かいました。

 松川村の下条シャクナゲ園で、幾種類かのシャクナゲを見せてもらいました。
 小さな園内には、所せましと、いろいろな色のシャクナゲが咲いています。ちょうど、見頃でしょうか。
 画像の最後の2枚は、その場所で、看板を出しています、「ヒマラヤの青いケシ」です。知る人ぞ知るという名花だそうです。

 安曇野市の実家へ、いく道をそれ、アカシア(ニセアカシア)の花を貰いに行きました。親父と、近くのおばさんが楽しみにしています。
 早速、少しですが、届けました。さらにもう1軒、望月さん宅へも届けました。

 久しぶりに草取りの手伝いをしました。しばらく畑の草取りをしてましたら、名前を呼ばれまして、親父がたてた畝に、
ナス6本とミニトマト2本とカラコショウ2本の苗を植えるのを手伝わされました。化学肥料(BB肥料やさいN450)を与え魚粉と牛堆肥を運んで与えました。

 そして、ビニールハウスの中で目を出した、サトイモを掘り、先ほどのナス等の、その少し横の畝に植えまして、
同じ化学肥料と、牛堆肥を与えました。サトイモは、種類が違うのか、10個と7個と14個ありました。

 その後、少し、草取りの続きをして、上がりました。

 夕食には、アカシアの天ぷらと、酢の物が、早速出ました。年一回は食べないと。
アカシアの花を嗅ぐと、少し芳香剤のような香りがしますが、天ぷらにすると、ほのかに甘く感じます。
 アカシアの花の蜜は、ミツバチの好物です。

次の日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義