2007年6月2日 白馬から   戻る
 5:10 Hakuba47と五竜岳方面は雲があり  5:12 朝日
 5:53 五竜岳と白馬三山 雲が薄くなりました  13:05 勉強会を開始する旨の幹事の挨拶
 15:08 紙焼きプリントの講評と選択が終了して  16:22 欠席者のポジの選択です
 17:07 田淵行男記念館 常念岳が後ろに見えます  17:22 戻る途中で、鹿島槍ケ岳等を
 17:48 大町市の北側からの鹿島槍ケ岳等  17:48 夕焼けにはなりませんでした
 2006年9月22日 17:50 唐松岳から「落日」を  2007年5月28日 9:35 白馬大雪渓からの「雲海」を


 今朝は、白馬のアパートで4時31分に起床。雲りです。
アパートからの定点観測です。今日は、朝日も。

 本日は、安曇野市で、田淵行男記念館友の会写真部会の学習会が行われます。そこで、今月下旬の写真展に出品する、
写真の選考も行われます。各自10点ほどの写真かスライドを持ち寄り、先生に見て貰い決定です。
 一人、2点の出品ですので、悩ましい。昨日12点を決めましたので、これから、10点に。変わるかもしれませんが。

 午後1時から、田淵行男記念館のある場所の隣の、安曇野ビレッジの研修室で、田淵行男記念会友の会写真部会の勉強会が、
午後5時少し前まで、行われました。
 まず、紙焼きプリントの講評と写真展用写真の選択が行われ、まづ、私のから始まりました。
 すんなり、1枚目は決まりましたが、2枚目は先生も少し躊躇しまして、提出した写真のアングル違いが採用になりました。
 私の、写真展用の写真は、最後の2枚です。

 その後、講評と選択が続きました。そして、スライドによる講評と選択が終わり、コーヒータイムとなりました。
 そして、小口先生の参考用スライドの映写がありまして、欠席者のポジの選択が行われ、今日の勉強会が終わりました。

 外へ、出ますと、常念岳が見えますので、田淵行男記念館を入れて撮影し、白馬へ戻りました。途中でも何枚か撮影しました。

 田淵行男さんは、常念岳が大好きで、安曇野へ、移り住み、生涯、100回以上登られ、高山蝶の研究をしました。

次の日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義