2007年6月5日 白馬大雪渓で133日目のスキー   戻る
 4:42 猿倉の駐車場で、歩き出す直前  5:01 林道を
 5:06 同 曇ってますが、白馬岳は見えます。  5:23 いよいよ登山道へ
 5:32 前回(5月28日)は、橋がありませんでした。  5:34 日の出
 5:41 いよいよ大雪渓へ ここからアイゼンをつけました。  5:53 雲海ははっきりしません。
 5:53 青空です。どこまで登れますか。  5:59 白馬尻小屋の建設現場
 6:10 前を行くアベック 羨ましい。  6:31 休憩を 雪渓の上まで見えます。
 6:47 休憩終了  7:47 2回目の休憩
 7:58 2回目の休憩終了  9:41 3回目の休憩を過ぎて、傾斜がきつい。越えられるか。
 10:11 岩の上で、大休止。スキー靴に。  10:39 いよいよスキーに。少しスキーでカニさんします。
 10:50 少しカニさんをして、白馬村営頂上宿舎が  10:52 133日目のスキー滑走開始。
 11:01 だいぶ下って。  11:11 はや、白馬尻小屋建設現場 ここまで、ゆっくり滑って20分。
 11:14 もう少し雪渓はありますが、花を撮ろうと、ここで滑走終了。  11:29 左の画像場所のすぐ下で、撮影。すぐ、登山道になります。
 11:30 雪渓とお別れ。有難う。また、来るよ。  12:29 猿倉駐車場へ到着。


 今朝は、白馬のアパートで3時31分に起床。まだ暗い。HPとmixiを。
軽く、朝飯を。

 雲がありますが、天気予報の晴れを信じて、いざ、いざ、白馬大雪渓へ。

 白馬尻小屋建設現場から、大雪渓の上部まで、4時間少しを、スキーで下ると、ゆっくりで、20分。

 アイゼンをつけて、歩いたので、歩きよく、また、最後の傾斜の急な部分は、前の人のステップで、この間よりは、楽でした。
ただ、スキー板3Kg、スキー靴4Kg、ザックに水に食料等5Kg、等を担ぎ、首からカメラ2Kgをさげてましたので、くたびれました。

 時間は、たっぷりありましたので、村営頂上小屋まで行ければ最高でしたが、後、2時間?の歩きは、自信ありませんでした。

 また、いつかを楽しみに。

次に日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義