2007年6月7日 白馬   戻る
 5:14 朝日ですが、雲が。   5:15 Hakuba47と五竜岳方面。雲で見えません。
 10:20 白馬三山を 右が白馬岳。 


 今朝は、白馬のアパートで5時0分に起床。曇ですね。
定番のHakuba47と五竜岳方面は、雲で山が見えません。そこで、朝日をと狙ったのですが、少し目を離したところで、出てしまいました。

 さて、本日は。

 アパートで、久し振りの後輩からの、手紙に対する、返信を作り、また、仙台在住の先輩への手紙を、送付する準備をしています。

 10時20分、ふと、外を見ると、白馬岳から雲がとれました。五竜岳は今は雲の中。

 お昼前に、仙台在住の先輩と後輩に、写真を同封の手紙を出しに行きました。
 その帰り、白馬村の図書館へ行きました。図書館は久し振りです。
 そこには、月刊誌等は置いてなく、がっかりでした。
 
 が、何気なく、書架を横に見てましたら、写真集がある場所で、1冊の本に、釘付けとなりました。

 珍しい。田淵行男さんの「山の手帳」でした。

 早速、借りてきました。

 白馬岳は代掻馬の雪形があり、当初、代馬岳と呼ばれていたが、地図作成時に、誤って、白馬とあてたのがきっかけで、かつ、「ハクバ」と呼ばれるようになったと。

次の日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義