2007年9月9日 片貝花火  戻る
 13:09 三国トンネルを初めて通過  17:19 片貝花火の打上場所は正面の建物の後ろ
 19:28 最初の頃  19:29 
 19:32   19:34 
 19:41   19:41 
 19:48   19:49 
 19:51   19:51 
 19:52   19:53 
 19:54   19:54 
 19:55   19:55 
 19:55   19:56 
 19:57   19:57 
 20:01   20:01 
 20:05   20:05 
 20:06   20:07 
 20:11   20:12 
 20:13   20:13 
 20:14   20:17 
 20:17   20:19 
 20:20   20:22 
 20:25   20:26 
 20:27   20:33 
 20:40   20:40 
 20:41   20:47 
 20:50   20:50 
 20:51   20:55 
 21:03   21:05 
 21:05   21:07 
 21:12   21:15 
 21:16   21:16 
 21:16   21:16 
 21:16   21:17 
 21:20   21:21 
 21:22   21:22 
 21:24   21:26 
 21:26   21:26 
 21:32   21:33 
 21:36   21:38 
 21:42   21:42 
 21:46   21:47 
 21:53   21:54 
 21:54   21:58 
 22:03 四尺玉 内臓時計が進んでる。  22:03 四尺玉 撮影失敗 光軸がずれてる
 22:05   22:06 
 22:12   22:18 
 22:19   22:24 
 22:26   22:28 
 22:29   22:32 
 22:34   22:34 

 立川市のアパートで、起床は6時半でした。

 今日は、新潟県小千谷市片貝町の浅原神社秋季例大祭「片貝まつり」の花火の撮影です。

花火の片貝まつり      あるHPより参照
毎年、9月9日・10日、浅原神社秋季例大祭「片貝まつり」が開催されます。祭りは、殆ど花火に関する行事が主体です。特に、世界一四尺玉花火が成功してから全国的に有名になり、全国各地から見物客がおとずれるようになりました。5千人足らずの町に十数万人が訪れるため、車の洪水、人で溢れます。四尺玉花火は夜10時に揚がります。三尺玉や尺玉花火が沢山打上げられます。
  • 片貝の花火
  • 片貝の花火は地元浅原神社秋季例大祭が始まりで江戸時代からの歴史があり、明治24年に三尺玉4発打ち揚がったことから「三尺玉発祥の地」といわれています。昭和60年に世界一四尺玉花火が成功し全国的に有名になりました。
  • 片貝の花火は奉納花火
  • 浅原神社へ花火を奉納する祭りです。子供の誕生、成人・還暦・米寿等の祝い、物故者追善供養、健康祈願などそれぞれ想いを込めて花火を奉納します。
  • 一発ごとに奉納花火の説明が放送されます。(例えば, 「祝 ○○誕生 BIGに成長祈願 尺玉三段打ちでございます」、最近は、県内外の人も花火を奉納する人が増えているようです。
  • 片貝中学校卒業した同級生がお金を出し合い、成人、厄年、還暦等になると大スターマインを打上げます。豪華な超大型大スターマインが揚がり観客を魅了します。
  • 世界一四尺玉
  • 9日・10日午後10時に世界一四尺玉花火が揚がります。また、三尺玉も数発揚がります。片貝は大玉が大好き、隅田川の花火は玉ねぎ花火で3号玉が中心ですが、片貝は尺玉(直径30cm)が中心となります。
  • 真昼の三尺玉・真昼のスターマイン
  • 10日は花火の昼の部があり午後1時〜2時の間に真昼のスターマインや尺玉連発が打ち揚がります。午後2時には、片貝でしか見られない真昼の三尺玉が揚がります。

 8時半過ぎ、立川市を出発し、下道をトコトコと片貝まで行きました。初めて、三国トンネルを私の自動車で通過しました。
 途中休憩等を入れ、高速道路脇の道路へ駐車したのが、15時半過ぎでしょうか。

 撮影道具を持ち、高速道路をくぐりますと三脚が三基見えましてた。そこで、ビデオの調整をしている人に挨拶し、横で、私も、
準備しました。話をしているうちに、その人は、大変な人だと知りました。大阪府の松原市から全国の花火を10年来撮影してますと。
 それも、2台のビデオまたは2台のカメラを使用しての立体的撮影で、見せていただきましたが、大変なものです。

 その人、中村克己さんとおっしゃいますが、色々教えていただきました。花火師の国家資格も持っているそうです。

 中村克己さん、横で、色々と言い、御迷惑をかけました。又、色々と教えていただき、ありがとうございました。

 19時半からの打上と言うことでしたが、少し前から始まりました。中村さんから、次は尺玉2発とか、大スターマインとか教えて、
いただきました。800円で番付(プログラム)があるそうです。翌日、ポスター付の1000円のを購入しました。

 途中、三尺玉が打上がり、そして、22時に四尺玉(直径120cm 重さ420Kg 地上より800m上がり、直径800mの大輪)が、
打ちあがったのですが、焦って、上手く撮影出来ませんでした。

 その後も、22時半頃まで、打上がありました。しつこく撮影しました。
車へ戻り、ノートPCへCFの画像を移しました。ものすごく時間がかかりました。

 その後、mixiをやるために、電波が届くところへ、異動しました。とりあえず、足跡を取得し、少し異動して、コンビニの駐車場で、
夜明かしをしました。

 一部UPしましたが、残りの画像は、後日UPします。

 11日、残りをUPしました。全部で、96画像になりました。

次の日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義