2007年9月26日 白馬   戻る
 7:06 アパートの東側 霧で、太陽がかすかに写って  7:33 霧が晴れて、Hakuba47と五竜岳方面を
 7:33 白馬三山はまだ見えません。  7:59 ようやく雲が取れました。
 13:49 青木湖と白馬三山  14:06 大町市から鹿島槍ヶ岳等
 14:06 左が鹿島槍ヶ岳で右が五竜岳  14:40 穂高神社入り口
 14:42 祭日表  14:42 穂高神社境内に
 14:43 屋台  14:43 奉納殿?
 14:45 本殿を  14:48 同
 14:50 南側から  14:51 子供用の御船の舞台人形の説明
 14:52 子供用御船の舞台人形は完成  14:53 まわりを着物で飾る
 14:54 大人用御船の舞台人形の説明  14:56 大人用御船の舞台人形は完成
 15:01 御船の説明  15:01 御船
 15:14 安曇比羅夫之像の説明  15:14 安曇比羅夫之像

 26日、白馬のアパートで、起床は、6時。ガスが出てまして、山が見えません。朝の気温は低く、11℃くらいでしょうか。

 画像1枚目は、ガスの中、太陽が薄く見えましたので、撮影。

 朝の定点観測がなかなかできません。稜線が薄く見え出しましたので、もう少しと思っているうちに、また、見えなくなりました。
ようやく、青空が見えてきましたが、稜線はまだです。

 8時少し前に、ようやく雲が取れまして、山が見えました。

 昼前にトレーニング。だいぶ疲れました。

 午後2時半過ぎ、白馬を出発し、途中2箇所で撮影して、安曇野市にあります、穂高神社へは3時半過ぎに到着。

 画像のとおりでありますが、明日引き回される、御船が2艘用意されていました。穂高区の大人用と子供用の2艘です。

 御船は、穂高人形飾物で飾られます。
子供用は、「仏像を難波の深江に捨てる」
大人用が、「山本勘介燃えさかる場内より由布姫を助け出す」

 撮影後、実家へ。実家でHPの作成とmixiです。今晩は久し振りの実家泊まりです。

 宵祭は、午後6時から開始です。後で、行って来ます。

次の日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義