2007年10月3日 安曇野   戻る
 13:32 里芋  13:38 掘り出した里芋 根が。
 13:38 庭の花が咲き出しました。  

 3日、安曇野市の実家で、6時半起床。寝坊しました。曇です。今日も曇の予報です。

 午後、東京へ向かいました。途中で、夕食を食べ、最終的に、立川市の富士見町のアパートへ着いたのは、午後9時過ぎです。

 やぼ用と書いたのは、以下のことです。検査結果をお聞きしましたので、簡単に報告します。

 今日現在、親父は、元気です。

---------------------------------------------------------------------------------------------
○親父の入院

 9月27日の朝、4時半に安曇野市の実家に泊まってましたら、親父の声で、起こされました。
 胸が痛むというのです。安曇野日赤病院へ電話し、症状をお話したところ、すぐ連れてくるようにと。
 5時10分に病院着。夜間受付から、中へ入り、心電図を取り、CTスキャンをしたところ、狭心症かと。ここまで、小林先生。
 そして、内川先生に替わり、CTスキャンの画像を見ながら、心臓の冠動脈に、石灰化が見られ、血管が細くなっていると。
高血圧症心臓肥大か虚血性心疾患かと思われる。(狭心症とか心筋梗塞とか)

 7時15分 302号室へ入院。とりあえず、2週間の入院予定といわれる。焦りました。まだ、稲刈りが終わってないし、
今日は、妹宅へ、穂高神社の御船祭りのお呼ばれです。
 必要なところへ、連絡すべく、一旦、実家へ戻り、入院用の品物と、電話連絡をしました。

 以下、途中を略します。

10月2日。
 13時半から心臓カテーテル検査を行いますと。そう予定をしていましたら、その日は、検査者が、4名いて、3番目ですと。
 そこで、15時半頃かなと、言われて、待機してましたが、呼ばれて、部屋を出たのは、17時40分でした。

 17時45分 血管撮影室へ入りました。私達(私の女房が来てくれました。)は、廊下で、待ちました。
 18時52分 撮影室から内川先生が出てきて、石灰化がかなりなされていますと。結果は1〜2日しないと、というので、
3日の午後から4日は、東京へ行きますので、といいましたら、では、5日にしましょうと。

10月3日。
 朝、看護師さんから、電話をいただき、今日の12時から13時の間に、結果のお話をしたいというので、聞くことにしました。
 12時少し過ぎ、看護師室の隣で、内川先生から、昨日の検査結果を、親父、私、私の女房、私の長男の4人で、聞きました。

 結論は、信州大学病院で、ロータープレーター術の手術を受けてほしいと。血管にダイアモンドチップで作ったドリルを入れ、
血管壁の石灰化を削りとる手術ですと。危険はないそうです。
 血管バイパス手術、血管に風船を入れ、拡張する手術では、回復困難といわれました。

 信州大学病院で、ベットの空くのを、安曇野日赤病院で待つことになりました。

------------------------------------------------------------------------------------------------

次の日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義