2007年11月01日 安曇野   戻る
 No.2558 右が新しい冬の仕事用カメラ   No.2559 同
 No.2560 同   No.2561 同 液晶が大きい
 No.2563 同のバッテリー 相当軽く  No.0531 左が1Ds Mark Uで右が1D Mark V
 18:37 きのこ鍋の材料 左上は天然ナメコ   18:46 お刺身が
 18:51 きのこ鍋 おいちい  18:51 私以外のいつもの面々 同学年生と奥さん

 11月01日、安曇野市の実家で、5時半に一度目を覚ましたのですが、曇りのため、また寝ました。起床は、6時半を回ってました。
あいにく、雲で、山が見えません。

 安曇野市の実家で、新しい冬の仕事用カメラを撮影しました。

 新しいカメラは、Canon EOS-1D Mark V(以下、「1D V」と省略します。)と言います。

 今までのが、Canon EOS-1D Mark U(以下、「1D U」と省略します。)でした。

 「1D U」は、シャッター幕を取り替えれば、十分使えますので、修理に持って行き、相談したところ、使用頻度が高いので、
シャター幕の取替えだけでは、済まないようで、関連のところをかなり取替えになりますといわれ、どうしても駄目になってから、
取替えた方が、良いですよ言われ、予備で使うことにしました。

 そこで、新しく購入しました。

 「1D V」と「1D U」の私的な、最大の違いは、連射スピードで、これまでの、秒8.5コマから10コマになったことです。
 次に、連続連射枚数が48枚から、110枚になったことです。これで、大会時の連射が楽になると思います。
 3番目がセンサークリーニングが自動化されたことです。
 その他、いろいろと改良されてます。

 機能設定の操作方法が、かなり変更されましたので、しばらくは、まごつくかも知れません。

 本格的な、撮影デビューは、11月3日の入間基地の航空祭です。

 それと、今回、レンズを買いました。
画像の10枚目の左のレンズです。(ちなみに、ボディはCanon EOS-1Ds Mark Uです。1600万画素画が最大の特徴。)

 レンズ名は、CANON FISHEYE LENS EF 15mm 1:2.8と言います。対角線画角が180度の超広角レンズです。


 最後に、仕様比較表を Canon のHPより無断借用しまして、貼り付けました。ごめんなさい。


 この後、少し実家で、仕事をしまして、松本市へ向かい、御用を。

 夜は、ミッチャンご意見番さん宅で、きのこ鍋で集合です。

  11画像目は、きのこ鍋の材料で、左上の皿が天然のナメコ(チャナメ)、右下の皿の上側がアシタケ、左側がキシメジ、
右側がリコボですと。

 きのこ鍋のおいしいこと。残念ながら、最後のうどんが出る前に出発し、安曇野市の自宅へ、22時頃の到着です。

Canon
製品比較表
EOS-1D Mark IIIとEOS-1D Mark II Nの主要仕様比較
…EOS-1D Mark IIIのEOS-1D Mark II Nに対する新仕様(*条件:システムアクセサリー併用にて) …EOS-1D Mark IIIのEOS-1D Mark II Nに対する優位仕様
項目 EOS-1D Mark III EOS-1D Mark II N
撮像素子 撮像素子 CMOS
有効画素数[約・万] 1010 820
有効センサーサイズ[mm] 28.1×18.7 28.7×19.1
有効撮影画角(135換算) 約 1.3倍
カラーフィルター形式 原色
ローパスフィルター 3層/内蔵固定
EOS I.C.S対応(センサークリーニング) -
記録関係 映像エンジン デュアル DIGIC III DIGIC II
A/D変換[bit] 14 12
記録媒体 CFカード(タイプ I,II)
SDカード
スロット数 2
記録媒体自動切り換え -
CF/SD同時記録(バックアップ)
CF/SD振り分け記録
記録メディア間画像コピー -
記録画素数
[万画素]
Large 1010 820
Middle 1 800 640
Middle 2 530 430
Small 250 200
RAW 1010 820
sRAW 250 -
JPEG画質(圧縮率)設定[段階] 10
ピクチャースタイル(種類) ○(6+3)
色空間 sRGB/Adobe RGB
RAW+JPEG同時記録 RAW+JPEG
sRAW+JPEG -
1フォルダ内の保存枚数 9999
ファイル名ユーザー設定(種) 2 1
ノイズ低減機能選択 長秒時露光時 ○(入/自動/切)
高感度撮影時 -
高輝度側・階調優先 -
ホワイト
バランス
オートホワイトバランス(AWB)
プリセットWBの種類 6
マニュアルWB カード内画像登録
撮影同時登録 -
登録数 5 1
PC設定のカスタムWB登録数 5 3
WB補正/WBブラケティング ○/○
ファインダー 倍率(-1dpt.・50mm・∽) 0.76 0.72
視野率[約・%] 100
標準フォーカシングスクリーン Ec-CIV(レーザーマット) Ec-CIII(レーザーマット)
フォーカシングスクリーン交換
アイポイント[mm] 20
視度調整[dpt.] -3〜+1
AF 測距点 クロス測距点 19 7
アシスト測距点 26 -
総測距点 45
AFフレーム選択 電子ダイヤル
測距輝度範囲[EV] -1 - 18 0 - 18
合焦速度、精度
動体予測近距離限界(50Km/h,300/2.8L) 8m
AF補助光 外付ストロボ
露出制御 P,Tv,Av,M,バルブ
測光方式[%] 評価測光(分割数) ○(63) ○(21)
部分(%) 13.5
スポット(%) 3.8
測光範囲(50/1.4・ISO100)[EV] 0 - 20
ISO感度 通常設定範囲 100 - 3200 100 - 1600
拡張(C.Fn) L:50/H:6400 L:50/H:3200
セイフティシフト -
ストロボ自動調光方式 E-TTL II
シャッター シャッター速度[秒] 1/8000〜30、バルブ
X同調秒時 1/300 1/250
レリーズタイムラグ[ms] 通常 55
最速化時 40
ドライブ関係 ドライブモード 1枚S/1枚/連続H/連続L 1枚/連続
連続撮影速度[最高約コマ/秒] 10 8.5
連続撮影枚数 JPEG/L 110 48
RAW 30 22
RAW+JPEG/L 22 19
ライブビュー
撮影
リモートライブビュー機能 -
(カメラ)ライブビュー機能 -
液晶モニター サイズ[型] 3 2.5
画素数[約・万] 23
最大輝度(調整段階) ◎(7) ○(5)
視野角(上下/左右)[゜] 140/140 170/170
メニュー表示 文字の大きさ
現像/書き込み中のメニュー操作
表示言語の種類 18 15
再生機能 表示形式 1枚
1枚+情報表示[種類] 3 1
4枚、9枚インデックス
ヒストグラム表示 輝度
RGB
ハイライト警告表示
AFフレーム表示
拡大ズーム表示 倍率 1.5〜10倍
初期位置 中央/選択AFフレーム
撮影後の確認画像
回転表示 手動/自動
画像送りジャンプ機能(種類) ○(6) -
録音機能
カスタマイズ カスタム機能[種類] 56 21
パーソナル機能[種類] カスタム機能に統合 27
マイメニュー登録 -
カメラ設定状態のメモリーカードへの保存/読込 ○(10件) ○(1件)
オリジナル画像判定用データ付加対応
画像暗号化対応* -
対応ワイヤレストランスミッター(無線LAN) WFT-E2 WFT-E1
外部メディア記録対応* -
GPS対応* -
外部インターフェース PC接続用 USB 2.0 Hi-Speed IEEE1394
ビデオ出力 ○(NTSC/PAL)
ストロボシンクロ端子
リモコン端子 ○(N3タイプ)
拡張システム端子 -
撮影作動耐久[約・万回] 30 20
電源関係 使用電池 タイプ リチウムイオン二次電池 ニッケル水素二次電池
型式 LP-E4 NP-E3
容量[mAh] 2300 1650
電池状態確認機能 残容量検知 -
劣化度検知 -
撮影枚数記録 -
撮影可能枚数(CIPA準拠) 2200 1200
起動時間[秒] 0.2
外装 材質 マグネシウム合金
外観色
防滴・防塵性能
本体(シャーシ)材質 マグネシウム合金
大きさ幅×高さ×奥行き[mm] 156×156.6×79.9 156×157.6×79.9
質量[g] カメラ本体のみ 1155 1225
本体+アイカップ・電池込み 1335 1560
価格(日本国内/円) オープン

(C)Canon Inc. /Canon Marketing Japan Inc. since 1996

次の日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義