2007年12月14日 白馬の利根川そば店にて   戻る
 13:36 囲炉裏のあるお蕎麦屋さん  13:37 利根川蕎麦店 茅葺屋根です
 13:37 国道147号線の飯森にあります  15:27 仲の良い65歳同士 独身です

 12月14日、安曇野市の実家で、6時目を覚ましましたが、山が見えませんので、また寝て、6時半に起床。小雨。

 朝、8時過ぎに出発し、信州大学病院で親父に面会をしました。明日は、私へ、来れませんと。

 その後、松本で御用をしまして、少し遅めで、hakuba47へ行きました。

 画像の男性が、わざわざ、八王子から私を訪ねて来てくれました。

 当初、新行の山品へお蕎麦を食べに行くと言う話でしたが、小さなトラブルが、発生し、時間が遅くなりましたので、近くのお蕎麦屋へ。

 知り合いの女性も加わり、3人で、最近開店しました、「利根川蕎麦店」へ入りました。
 営業時間は11時から16時で、定休日は、毎週水曜日と、第2と第4火曜日だそうです。(間違っていたら御免なさい。)
玄関を開けますと、囲炉裏がある、大広間です。我々は、大きなコタツに場所を決めました。
 お酒類とジュース類もありません。持ち込み可能と言うことなので、隣の酒屋さんまで、買出しに行きました。
 もりそば1枚が750円で、追加の1枚は500円でした。追加の半分は250円。
 グダグダと2時間近くいました。色々な話も出ましたが、差しさわりがありますので、詳細は内緒。最近は個人保護法がうるさいです。

 私が、スキー16日目を滑りたいと言いましたが、せっかく、八王子から来たから、もうしばらくと。
 男性は、不破さんといいまして、素敵な人です。御馳走様でした。

 不破さんの車がhakuba47にありますので、一旦hakuba47へ戻りますと、すでに、ゴンドラの上りはシャッターが閉じてました。
 確か、営業は、16時までのはずが、15時40分頃なのに、上りが終わったようです。残念。

 白馬のアパートへ戻りました。HPの作成と、mixiです。

 明日は、hakuba47もR−1の上部がオープンするようですので、パウダーが期待出来そうですが。

次の日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義