2008年3月22日 白馬   戻る
 5:59 Hakuba47と五竜岳方面   6:00 八方尾根と白馬三山方面 
 6:00 アパートから東側を 溶けましたね  9:23 オーストラリアからの修学旅行生
 9:51 同 井村講師班  10:21 同 Kae講師班
 10:49 Kさん  : 

 3月22日、白馬のアパートで、5時40分起床。早めました。気温は−2℃。定点観測。快晴です。山はばっちり。

 Hakuba47で103日目。撮影依頼があります。

 今日は、オーストラリアからの修学旅行生の記念写真や滑走写真を頼まれてます。
 その他、KさんからとTさんからも依頼があります。
 
 オーストラリアからの修学旅行生の全員の記念写真をゴンドラの乗り場前で撮影しまして、班毎に分かれて、ゴンドラに乗り込みました。
 まづ、井村講師の班に同行し、記念撮影と、かっそうの連写の撮影をしました。
 次に、Kae講師の班と合流し、記念撮影と、滑走を撮影しました。
 10時半に待ち合わせの、Kさんと少し遅れで、会い、R−2の上部と中間で、滑走の連写をしまして、11時、あと1回とR−2の下部を
 滑り出した所で記憶がありません。

 気が付いた時は、パトロールのソリに乗せられたところです。
 顔面に痛みはありますが、手足には痛みがありません。

 まず、新谷クリニックへ行きましたが、レントゲンを撮影した限りではなんともありませんが、松本の相澤病院へ救急車で運ばれました。

 相澤病院でCTR他の検査をしましたが、異常が見つかりませんので、家にお帰りくださいと。

 安曇野市の妹の家に行きまして、22日と23日は安静にしたました。右目がはっきり空きませんでしたが、段々と開くようになりました。

 24日、池田町の安曇総合病院の眼科へ診察に行きましたが、今のところ異常は見当たりませんと。

 Hakuba47へ妹の車で、挨拶に行きました。皆様方に、まだ腫れてるお顔をみてもらいましたが、安心していただけました。

 安曇野市の実家へ、私の車を女房の運転で、戻りました。

 今のところ、頭の後ろが少し痛い程度で、収まってますので、皆様ご安心ください。この後後遺症が出なければと思っています。

 取り合えずのご挨拶です。

次の日へ   戻る    前日へ             EN写真工房   中村 悦義