2008年4月21日 白馬   戻る
 5:33 Hakuba47と五竜岳方面   5:33 八方尾根と白馬三山方面 
 5:34 アパートから東側を  7:54 四十九院のこぶしと五竜岳
  レンズは28mm(フイルム換算36.4mm)
 7:54 同 120mm(同156mm)の望遠で  7:55 こぶしの花 300mm(同390mm)
 7:56 つくしが  7:58 田植えの用意が始まりました
 8:07 Hakuba47へ到着  8:17 ゴンドラからカモシカを 木がじゃまです
 8:22 アルパインセンターミノスからの五竜岳の山頂  8:24 アルパインセンターミノスの横
 8:25 R−3はコブコブです  8:31 Line-C上からR−4と五竜岳を
 8:37 いつもの場所で、私の滑走跡 ずれているの  8:37 Hakuba47シニアスキークラブ員の吉岡さん
 8:50 Line-CからのR−1からLine-Cへの分岐下  8:49 Line-C上部(南沢の頭)からLine-E乗り場等 
 8:50 R−2は圧雪 R−2上段 滑走跡がはっきり出ず  8:51 R−2中段
 8:52 R−2中段で私の滑走跡  8:52 R−2中段で私の滑走跡 左の下側
 8:53 R−2の下段  9:01 南沢の頭の木
 9:04 吉岡さん  9:06 私のカービングでの滑り
 9:08 R−1の上部  9:13 R−1の最下部とベース方面
 14:22 陸郷の桜仙峡を遠くに
 広角24mm(フイルム換算31.2mm)
 14:30 同場所から 望遠105mm(同136.5mm)
 14:30 同 一番奥を 望遠300mm(同390mm)  14:31 同 手前を 望遠105mm(同136.5mm)
 14:51 桜仙峡の看板  15:17 陸郷のラベンダー夢農場にて
 15:17 同  15:18 同
 15:18 同  15:19 同
 15:48 登山開始  15:54 薄く常念岳が見えます。
 15:59 太い幹に桜の花が  16:01 ピンク
 16:38 眺めのいい場所から常念岳  16:51 この辺はまだまだです
 16:55 密集して見えます 望遠300mm(同390mm)  16:55 左を少し望遠90mm(同127mm)
 16:57 まだまだ  17:00 逆光で霞んでます
 17:01 大きく  17:22 桜並木
 17:28 幹に少しの花が好きです  17:37 桜並木
 17:38 ぼてっとしてます  17:50 出発してから1時間と56分で入口に戻りました
 17:51 案内図  18:06 光橋の西の端から光城山の桜を 白く見えるのが

 4月21日、白馬のアパートで、5時30分起床。少し早めました。気温は3℃。定点観測。快晴です。

 Hakuba47で114日目。
 その前に、四十九院のこぶしを撮影しましたが、まだ早いです。
 Hakuba47へ8時7分に到着。
 すぐ用意をしまして、ゴンドラであがりました。ゴンドラ内から久し振りのカモシカを写しました。木が邪魔。
 少し早いので、Line-Aに1回乗車。いつもの所で私の滑走跡。
 途中から一緒の吉岡さんを1枚撮影。
 Line-Cは少し待って、吉岡さんと一番乗り。上で、別れて、私は、R−2へ行きました。
 R−2の上段では、大回りしましたが、はっきり、滑走跡が出来ませんでした。
 中段で、私にとっての小回り(人は、中周りと言う)を滑ると、滑走跡がばっちり見えました。
 Line-Cに2度目の乗車で、上に行くと、まもなく吉岡さんがお見えになりましたので、五竜岳をバックに撮影。
 吉岡さんをR−2の入口まで案内し、私はR−1へ入り、下まで滑りました。
 朝一の滑りはこれで終了。

 いつものを食べ、午後は池田で桜を見て、安曇野市へ向かいます。時間があれば、光城山の桜も見たいなと。

 と言うことで、一旦アパートへ戻り、スキー服を脱ぎ、普段着に着替え出かけました。
 まず、池田町の陸郷の桜と言うことで、池田町は行きました。池田町の1丁目の交差点で左折し、山の中へ入って生きました。
 伝説が残る登波離橋を過ぎ、桜仙峡の看板のある場所の第2駐車場へ車を止めました。
 少し撮影のために下へ下りましたが、見通しが良くありません。やはり車で行くしかないかと。
 桜仙峡の看板の出ている場所からしばらくは、細い山道で、ひやひやでした。1回対向車が来た時は、かなりバックしました。
 陸郷のラベンダー夢農場の駐車場に車を止めて、山桜を撮影しました。

 来た道を少し戻り、直進して、R19へ出て、安曇野市明科の光城山へ向かいました。

 光城山の登山口の駐車場へ車を止め、桜並木の登山道をゆっくり写真を撮りながら登りました。
 常念岳方面は逆光と霞んでおり、はっきり映りません。
 明日の朝、頑張って早起きして、再度挑戦しましょうと。
 光城山頂上(標高912m)まで行かず、眺望が良い、途中まで行き、休憩して戻りました。登山口からは、距離とすれば1km少し。
 下りも、滑らないように注意しながら、写真を撮りながらゆっくりと降りました。

 本屋さんにより、写真雑誌を1冊購入して、安曇野市の実家へ19時少し前に到着しました。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義