2008年4月29日 白馬   戻る
 5:26 Hakuba47と五竜岳方面  5:26 八方尾根と白馬三山方面
 5:27 アパートから東側を  5:27 左側の桜がまだ咲いてます
 7:57 白馬五竜テレキャビン横から上を  7:58 テレキャビン乗り場の掲示板
 8:26 パノラマゲレンデを下から  8:27 朝一の私の滑走跡
 8:27 私の滑走跡を広角で  8:35 アルプス第1ペアリフトから降りて 私の滑走跡
 8:35 同 広角で撮影  8:37 アルプス第1ペアリフト上から8:27の滑走跡を
 8:47 アルプス第1ペアリフト上からパノラマコースを  8:48 テレキャビンアルプス平駅の屋上に人がわんさかと
 8:52 五竜岳がくっきりと  8:52 五竜岳
 9:09 五竜岳  10:12 Line-Eの上部 お二人を連写
 10:21 下りのテレキャビンからとおみゲレンデを  10:23 同 上部を

 4月29日、白馬のアパートで、5時20分起床。20分寝坊。気温は1℃。定点観測。昨日よりはまだ寒く、霜が降りました。

 白馬五竜で120日目。志岐先生を撮影。昨日のリベンジです。白馬五竜へ、車で行きます。

 白馬五竜の上の駐車場に7時50分過ぎに到着。思ったほど、まだ、車が駐車してません。

 スキー靴に履き替え、すぐテレキャビンに向かいますと、すぐ前を志岐先生が歩いていました。ほぼ先頭に並びました。
 8時15分頃、シャッターが上がると同時に、ダッシュする人が、一台目に一人で乗りました。
 私と志岐先生と、後二人が2台目に乗車しました。
 我々は、パノラマコースの方へ出て、1本足慣らしをします。その時、私の滑走跡を撮影。
 アルプス第1ペアリフトを1回目に乗車し、足慣らしをしましたが、雪が締まっていて、最高のコンデションでした。
 今朝、冷えたので、いい雪の状態でした。

 何回か、パノラマコースで連写をしたり、山をバックの滑走写真をかなり撮りました。
 Line-E沿いのR−8を滑走してましたら、Hakuba47シニアスキークラブの市場さんと、合いました。数枚滑っているところがほしいと。
 志岐先生は十分撮影できましたので、パノラマコースへ戻って、2回撮影しました。
 私は、お二人が昼を、Hakuba47で食べるというので、食べ終わるまでに間に合うように、別れて、テレキャビンで下山しました。
 白馬五竜の下山ルートは4月23日で、雪不足のため、閉鎖となり、テレキャビンでの下山となります。
 今回は滑りませんでしたが、グランプリコースとテクニカルコースは滑れます。アルプス第3と第4ペアリフトが営業中です。

 車で、Hakuba47へ向かい、アクテビィティセンターで画像処理とプリントをしました。

 志岐先生のが550枚ほど撮影し、438枚をプリントしました。(A4に20コマプリントですので、22枚です。)
 カラーレーザープリンターがおかしくて、インクジェットでプリントしました。志岐先生に見せますと、山をバックのをA3に伸ばすようにと。
 A3はアパートへ戻り、夕食時にホテルへ届けました。

 市場様のは、140枚ほど撮影しましたが、その中から80枚を選択して、A4に4枚プリントし、見て貰いました。
 斜面がゆるくて、市場さん本来の滑りでなかったようで、こんな滑りでは、伸ばせないと。
 仕方ありません。

 その後、少しシニアクラブの溜り場で、居眠りをしたり、話をしました。
 そして、アクテビィティセンターへ戻り、Mixiのお相手を。

 夜になって、HPの作成とmixiの日記書きです。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義