2008年5月6日 白馬   戻る
 5:01 Hakuba47と五竜岳方面 R-1の雪が溶けてます  5:01 八方尾根と白馬三山方面
 5:02 アパートから東側を 桜もすももも花が散りました  8:07 白馬五竜のテレキャビンの横にて
 8:27 テレキャビンアルプス平駅の掲示板 ピントが合ってない  8:31 グランプリコース 快適です
 8:33 アルプス第3ペアリフト上からグランプリコースを  8:35 同
 8:36 テクニカルコースにも土が見えてます  8:39 グランプリコースにて私の滑走跡
 8:40 同  8:50 パノラマコースにて
 8:51 同  8:52 パノラマコースで私の滑走跡
 8:52 パノラマコースを下から  8:54 Line−E沿いのR−8上部にて私の滑走跡 ズレ
 8:58 Line−E上よりR−8上部を  8:58 Line−E上から五竜岳等
 8:59 Line−E上からパノラマコースを  9:00 Line−E上から五竜岳
 9:04 パノラマコースを上部から  9:08 テレキャビン内よりとうみゲレンデを
 9:40 Hakuba47に到着しR−1の最下部を まだ滑れます  9:54 ゴンドラ内からR−4を だいぶ狭いです
 9:54 同 R−4と五竜岳を  9:59 アルパインセンターミノスから西側を
 9:59 同より五竜岳を  9:59 R−3は滑れません
 10:00 アルパインセンターミノス横  10:02 R−4を上から
 10:03 R−5も狭く  10:14 同
 10:15 Line-C上から、R−1からの分岐下を  10:16 R−6はすっかり雪がありません
 10:20 Line-C上部(南沢の頭)の木  10:21 南沢の頭より白馬五竜方面等
 10:21 五竜岳と唐松岳  10:21 そして白馬三山を
 10:23 R−2を上から  10:24 R−2の上段
 10:25 R−2の中段  10:26 R−2中段下よりR−5を
 10:26 R−2の下段の下から  10:31 R−1の下段の途中で
 10:34 R−1の最下部とベース方面  10:35 同
 10:42 Hakuba47シニアスキークラブのクラブ員が最後を  15:36 ゴンドラで私の最後と乗車中にLine-AとLine-Cを
 15:40 アルパインセンターミノスから西側を 逆光です  15:42 何人かが徒歩でR−7を
 15:43 R−7も狭く  15:44 R−7で振り返ると
 15:47 Line-CよりR−5を 大分雪が薄いところも  16:03 左はパノラマコース Hakuba47への下山のみ通行可
 16:04 R−8の上部からパノラマコース等を 見納め  16:06 パノラマコース
 16:46 R−1の下部の途中  16:50 R−1の最下部とベースを
 16:51 R−1の最下部を下から これで私は終了です  18:55 Hakuba47荒木社長の奥様からいただきました
 19:11 ミミタテスコティッシュホールドのチャーチャ  19:11 ミッチャン後意見番さん宅で御馳走になりました
 19:26 チャーチャ  19:27 同
 19:35 同  19:38 同
 19:39 同  19:55 同

 5月6日、白馬のアパートで、4時50分起床。気温は5℃。定点観測。少し寒いです。天気予報は晴れです。

 白馬五竜とHakuba47が営業最後の日で、私の滑走日数が124日目です。楽しんで来ました。

 白馬五竜へまず行きました。8時7分にテレキャビンの横で、撮影。雪が余り見えません。
 テレキャビンは、上で、コース整備に時間がかかっていると、8時20分頃、営業開始でした。かなりのお客様です。
 展望台への観光客が大勢来てまして、少し前から乗せました。
 上部に着くと、アルプス第1ペアリフトは強風のため、運休中ですと。グランプリコースの方へ出ました。
 圧雪されたコースを気持ちよく滑りました。私の滑走跡を撮影。
 アルプス第3ペアリフトで上に行き、グランプリコースの最北部分を滑りましたら、私が削った雪が、私の後をついて来ました。
 サラサラと気持ちがいい音でした。最初は何の音かなと。
 再度アルプス第3リフトで上がり、パノラマコースを途中まで滑り、Line-E沿いのR−8を滑り、私の滑走跡を撮影。
 R−2に入ろうとしましたが、後でのお楽しみと、Line-Eに乗車して、上に行きました。
 再度パノラマコースを途中まで滑り、テレキャビンに乗車し下りました。

 車で、Hakuba47へ行きますと、R−1が下まで滑れるようです。Hakuba47シニアスキークラブのクラブ員が何人かおりました。
 ゴンドラで上がって行きますと、R−4が細いながら、滑走可能ですと。圧雪隊が頑張りましたね。
 写真を撮って、R−5を滑り、Line-Aに1回乗車し、Line-Cへ滑り降りました。
 Line-Cで南沢の頭へ行き、R−2へ向かいました。
 少しコース幅が狭くなっているのと、すでに雪がやわらかくなってまして、最終日にふさわしい?雪質ですね。
 R−2からR−7を滑走し、R−1の下部を滑り、午前の滑走を終わりました。

 HP用の画像を整理し、いつものお昼を食べに行きますと、外で、シニアクラブ員が10人位で、宴会状態でした。
 私もそこで、食事をしました。

 そして、アクテビィティセンターへ戻り、ようやく、HPのUPとmixiです。

 15時20分過ぎに、ゴンドラ前に行きましたら、まだシニアクラブ員が宴会状態で、ワイワイと騒いでました。
 私は、スキー靴に履き替え、ゴンドラで上がりました。五竜岳は逆光で、霞んで見えますが、丁度上を飛行機が飛びました。
 R−7を下ると、徒歩のグループが何人かおりました。R−5も少し雪が薄くなって狭い場所もありますが、何とか繋がってます。
 Line-Cに乗車するのは、私にとって今シーズン最後でしょうか。そして、Line-Eへ乗車。
 パノラマコースを滑るのも、最後です。夕方になり、気温が下がって来て、雪が締まって来まして、滑りやすいです。
 R−8へ入る場所に、赤いロープ状の物が渡され、Hakuba47へ下山のみ通行可能の立て札が、立ちました。16時03分に通過。
 R−2から、R−7と滑走し、R−1の下部を滑り、今シーズンのHakuba47での滑走を終了いたしました。
 長い間、楽しませていただき、ありがとうございました。また、怪我でお世話をかけました。本当にありがとうございました。

 スキー板を乾かすために、ゴンドラ前の板置き場に立てかけ、スキー靴を脱ぎ、長靴に。
 スキー板を仕舞わずにアクテビィティセンターへ行ってしまいました。
 荷物を持って車へ行こうとして、スキー板をそのままにしたのに気づき、仕舞いに行きました。

 一旦、Hakuba47のアパートへ寄り、スキー服を脱ぎ、ズボンに着替え、松本のミッチャン後意見番宅へいただいたアスパラを届けに。

 美味しい刺身(サヨリ、カンパチ、マダイ、タコ等)と、クジラの尾肉、ホップの新芽、採ってきたばかりのワラビ、焼き鳥、ホタテの串焼き。
 どれも美味しいです。
 久し振りにミミタテスコティッシュホールドのチャーチャを撮影。

 そして、白馬のアパートへ戻りました。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義