2008年5月24日 安曇野市   戻る
 左の画像の中央上に、常念岳がぼんやり見えてます。

 朝早くは、青空も見えましたが、段々雲が厚くなりました。
 6:48 1枚目の田植えの途中 山は霞んでます   
 8:26 田植え機が稲を植えてます  8:26 苗が乗ってる部分が左右に動きます
 14:10 実家の北側の敷地内にある「ふき」  14:10 同

 5月24日、安曇野市の実家で、4時40分起床。昨夜は23時30分就寝。気温は17℃。晴れです。

 さて本日は。実家で2枚の田んぼの田植えです。

 5時半に妹のだんなが実家に来てくれ、軽トラックで、苗を貰いに行きました。
 が、望月さんちのおじさんがいず、おばさんが探しに行ってくれました。
 今日は「コシヒカリ」(お米の銘柄です)を植えますと言うことで、60枚、いただくことで、殺虫剤を3袋撒きました。
 軽トラックに燃料、えぶり等を乗せましたので、まず20枚乗せました。

 拾ヶ堰(じっかせぎ)上の2枚の田んぼの北側から田植えを開始しました。開始は6時頃でしょうか。
 田植え機の運転手は親父です。妹のだんなは、その田の北側で、田植え機が回転する後をえぶりで平にしました。
 私は、残りの苗を運びました。2回目に21箱積み、3回目に19箱でした。

 ところが、3回目に苗を軽トラックに積んでいる時に、事件が発生しました。
 望月のおじさんの娘さんが、おじさんを連れてきて、「ミルキー」(お米の銘柄で少しモチモチしていて、コシヒカリより高く売れる)
の20箱をどうしたのと。どうしたのと言われても、すでに私たちが軽トラで運んで親父が田植えしてます。
 おじさんが、思い違いをしていて、「ミルキー」の20箱を含めて、コシヒカリであると。仕方が無いので、そのまま植えていいことに。
 ただ、どこまでが「ミルキー」でどこから「コシヒカリ」かわかるようにしてほしいと。
 
 私は、軽トラで苗を運んだ後、田んぼの南側で、えぶりで平にする他、田植え機に苗の補充もします。
 実家の田植え機は4条植えで、望月さんは8条植えの田植え機で植えてます。
 誰が考え出したのか、自動的に苗を機械のつめで取り、田んぼに植えて行きます。

 テレビで見ましたが、最近は、無人の田植え機があるそうです。GPSを利用して、自動的にUターンもするそうです。

 田植えの途中で、実家へ戻りまして、朝食です。今朝の朝食は、妹が用意してくれました。
 少し休憩後、田植えを再開です。そして、9時半頃か、確かではありませんが、北側の田んぼの田植えを終了しました。

 親父と妹のだんなは、南側の田んぼへ移動しまして、田植えを開始します。
 私は、北側の田んぼの、4隅の機械では植えられない場所を手植えしました。
 そして、南側の田んぼへ行きまして、今度は、その田の北側で、えぶりで平にするのと、苗の補充をしました。
 11時過ぎの何分でしょうか、田植え機による田植えは終わり、親父は家に引き上げました。田植え機を洗います。
 私と妹のだんなは、4隅の田植え機で植わらない場所に手植えで苗を植えました。
 2枚の田んぼは、合計すると3反7畝位でしょうか。苗が18枚と少し残りましたので、42枚弱が植わりました。
 来年は、頼んで、作って貰う、苗を少し減らしましょうと、親父と話をしました。

 そして、残りの18枚の苗の内、16枚を軽トラに積み、作業道具や、空になった苗箱を積んで、望月さん宅へ、向かいました。
 16枚は、ビニールハウス内に戻しました。
 電動ポンプと、苗箱洗い機をお借りして、苗箱を洗いました。
 我が家で使用した44枚以外にも、そこにあった苗箱をついでに洗いました。
 実家へ戻り、えぶり等を水洗いし、家に入りました。ちょうど午後、0時近くでした。
 お昼は、妹が作ったカレーライス他でした。

 で、解散しました。妹のだんなは、家に戻りました。親父はお昼寝に。妹は、食器の荒いものをして、家に帰りました。
 私は、食堂の椅子で、少しうつらうつらした後、HPの更新等に。
 しばらくしましたら、ピンポンと。玄関先に駐車場を見に来ましたという人がおりました。
 実際に車庫になる場所を見に来たそうです。車庫の位置や、寸法を測って帰りました。実際に見に来るんだ。
 で、折角外に出たからと、実家の北側の敷地内にある、「ふき」を撮影しました。
 すでに、5月の中旬から食べたり、よそへ持って行ったりしてますが、画像がありませんでした。
 結構太くて、美味しい「ふき」です。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義