2008年5月25日 安曇野市   戻る
 9:56 昨年作成のふきの砂糖菓子   11:35 満願寺にて
 11:35 同  11:38 同
 11:40 同  11:40 同
 11:44 栗尾山つつじ園にて  11:44 同
 11:48 同  11:48 同
 11:48 同  13:39 大王わさび農場にて
 13:41 同  13:52 同
 14:00 同 記念撮影用のわさび  14:12 同 大人気の本わさびソフトクリーム
 15:23 除草剤を 上のパックを投げました  15:35 除草剤 溶けてゆきます。
 15:35 昨日植えた苗  15:48 実家の敷地内に咲く花
 15:48 同  15:49 同

 5月25日、安曇野市の実家で、5時30分起床。雨なので起床を遅くしました。気温は16℃。朝は画像がまだありません。

 さて本日は。mixiのマイミクさんに付き合って栄作でおそばをいただきます。

 ふきの砂糖菓子の事を、日記に書きましたら、あるマイミクさんから、作り方のレシピと画像をとのリクエストが有りました。
 親父に、今年はふきの砂糖菓子を作らないのと、聞くと、忙しくてねと。
 ですが、ふきを採って来てくれと、言われましたので、作るな。
 で、実家の北側のふきを採りに行きましたら、お二人が草刈りをしているでは、ありませんか。
 急いで、ふきを30本以上採り、エンジン付き草刈り機で私も参加しました。
 実は、北側の敷地の一部を安曇野市に寄付することになりました。そこには、中下部落の公民館が建つ予定です。
 それで、草刈りに来てくれたそうです。3班の保高班長と、5班の荻原さんでした。ありがとうございます。

 家に帰りまして、ふきの話をしましたら、昨年作成した残りが納戸にあるからと言われました。
 それで、撮影しました。
 作り方は。
  @ ふきを煮ます。どの位煮るかは知りません。一番外の皮をむくそうですが、煮てからなのか?。
  A さまして、水気を取ります。
  B 平らなお皿などに、そのふきを並べます。
  C その上から砂糖をかけ、からめます。
  D お皿などを斜めに傾けます。
  E しばらくすると、砂糖がふきの中に入り、水分が出ますので、それを寄せるためですと。
  B〜Eを4〜5回繰り返します。
  F べとべとしなくなれば完成で、ケースに入れて、保管します。

 しばらくしたら、栄作へそばを食べに行きます。マイミクのちゃむさん一行がお出でになります。
 後少しで出かけようとしましたら、電話があり、満願寺に寄りますと。私も急遽出かけました。
 雨は、里では止んでいましたが、満願寺では少し降っています。私は傘の必要はありません。
 今回は満願寺(5月17日のHPです。)の説明用の画像は無しです。
 花を撮影しました。名前は聞かないでください。

 そして、栄作にお蕎麦を食べに行きました。集合写真を撮り、すぐのプリントに夢中で肝心のお蕎麦の画像がありません。
 集合写真をHP等には載せないでねと。残念。

 その後、大王わさび農場に向かいました。ちゃむさんから電話があり、碌山美術館を外側だけ見てきますと。
 3つの水車小屋があります。ラフティングボートが出ていました。
 主要なところを見て廻り、人気の本わさびソフトクリームを食べて、次の場所へと。横浜から来た3人はここで、帰りました。

 私も、ここで、別れました。
 途中で、給油とホワイトリカー等の買い物をして、実家へ戻りました。
 昨日、田植えをした2枚の田んぼに、除草剤を投げに行って来ました。各々の田んぼに、19個の小袋を投げ入れました。
 小袋内の除草剤が水に溶けて拡がり、除草剤の役目をします。昨年は、これだけで、雑草は生えなかたそうです。

 白馬のアパートへ戻りました。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義