2008年7月15日 白馬   戻る
 5:07 Hakuba47と五竜岳方面   5:08 八方尾根と白馬三山方面 
 5:08 アパートの東側  5:09 水田を望遠で
 8:13 五竜岳  8:13 白馬三山
 長時間のホタル撮影時に、左側に光芒が映り込みます。
 7月2日 20:19 池田町でほたるを 左に光芒が  : 

 7月15日、白馬のアパートで、5時起床。20分寝坊。曇りです。気温は20℃。定点観測。

 さて本日は。

 8時過ぎに、西山から、雲が取れて、山が見えてきましたので、撮影しました。撮影後、雲が動いて、一部見えなくなりました。

 昨日、午後、点検に出していました、カメラ Canon EOS-1Ds MarkUと、レンズ EF24-105mm F4L IS USM について、電話が、
キャノンのサービスセンターから、ありまして、7月2日にホタル撮影時の現象が再現したそうです。
 問題は、レンズにありそうで、60mm前後で、現象が出るそうで、原因はキャノンで究明中でしばらく、時間がかかりますと。
 一旦、カメラとレンズをお返しして、原因がわかったところで、連絡をくれることになりました。
 で、安曇野市の実家へ送って貰うことにしました。

 現在は、Canon EOS-1D MarkV に EF16-35mm F2.8L USM と EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM で朝の定点観測を撮影してます。
 このカメラは、35mm銀塩換算で、1.3倍の焦点距離換算になりますので、2台のレンズが必要です。
 Canon EOS-1Ds MarkU では、フルサイズですので、EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM の1本で朝の定点観測が可能です。 

次の日へ    戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義