2008年9月26日 白馬   戻る
 6:15 Hakuba47と五竜岳方面 微雨ですが  6:15 八方尾根と白馬三山方面 
 6:15 アパートの東側   写真展参加作品 白馬の春
 17:09 穂高神社の東側入り口   17:10 石橋を渡って
 17:11 神楽殿が見えて来ました  17:11 神楽殿
 17:13 本殿は造営中  17:13 穂高区子供連の御船
 17:14 穂高区子供連の人形は「源頼光土蜘蛛を退治」  17:15 穂高区睦交社の人形は「薩英戦争」
 17:15 穂高区睦交社の御船  17:19 26日まつりの社奉納ステージ出演予定表
 17:19 27日まつりの社奉納ステージ出演予定表  17:26 柏原さくら会の皆様の踊り 知り合いが
 17:39 屋台  17:40 同

 9月26日、白馬のアパートで、6時10分起床。40分の寝坊。微雨です。気温は18℃。昨日に比べると暖かいです。定点観測。

 さて本日は。

 昨日作成した資料を発送する準備をしてメール便で発送します。

 安曇野市にあります、田淵行男記念館で、同館友の会写真部会の発足10周年記念写真展が行われます。
  内容 1 記念館特別企画展 「常念 刻々」 写真部会指導講師 小口和利氏
      2 写真部会員作品展 1人1点出品 (四つ切り 又は ワイド四つ切り)
  期日 10月7日(火)〜19日(日)
  会場 田淵行男記念館階下展示室及び階下ホール
 ようやく、私の出品作品が出来上がり、額に入れましたので、発表します。これを持って幹事さん宅へ行きます。

 午後 安曇野市の穂高神社で御船祭りを少し撮影してから、実家へ行きます。
 まず、大町の大型電器屋さんに、昨日、紙詰まりを起こした、レーザープリンタを持ち込みました。
 大町も小雨でしたが、穂高神社に近づくと止んでます。
 神社を通り過ぎ、写真展の出品作品を幹事さんの家にお伺いして、渡しました。
 引き返し、穂高神社の北側の駐車場へ車を止めました。少し歩いて、東側から再度神社の中へ撮影しながら入りました。
 本殿が20年ごとの建替えで、来年5月の遷宮祭を目標に造営中です。
 今日は2台の御船が出てましたので、撮影しました。
 と、声を掛けられました。女の人です。この後ステージで踊りを披露すると言うので、撮影しました。
 なかなかうまく撮れません。1枚UPしました。
 そして屋台を撮影して、車に戻り、古本屋にある人の本を探しに行きましたが、ありません。
 そこへ電話で、先日注文した、花火の本3冊の内、2冊が入荷しましたが、1冊は絶版になっているとのことで、行きました。
 その2冊の花火の本を購入し、雑誌を椅子に座って見ました。
 その後、実家へ到着です。

今後の予定
 27日 穂高神社の御船祭りのクライマックスを撮影して白馬へ戻ります。
 28日 白馬から東京は立川市へ行き、女房を乗せて、小田原市の女房の実家へ行きます。
 29日 小田原市から、女房の両親を乗せて、安曇野市の穂高有明にあります、江戸川区立穂高荘に泊まります。
    夕食は、私の親父も呼んで、5人でいただきます。親父は自宅が良いと、自宅まで送ります。
 30日 どこかを観光して、安曇野市の実家へ宿泊。小田原の父母たちは、久し振りです。
 10月1日 安曇野市から小田原市へ父母を送って行き、東京は立川市で泊まります。
 2日 立川市と八王子市で買物等して、立川市泊まり。
 3日 夜、女房と一緒に安曇野市の実家へ。
 4日 姪の結婚式です。女房は夕方立川市へ帰ります。私は?。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義