2009年4月13日 安曇野市〜伊東市   戻る
 5:50 実家の畑の赤スモモの木  5:51 赤スモモの花
 12:09 狛江市の戦友の奥様と次男夫妻と親父と女房  16:34 伊東市の伊藤園ホテルにて 部屋のお茶菓子
 18:15 親父の戦友達  18:38 伊藤園ホテルの夕食バイキングのデザートを

 4月13日、安曇野市の実家で、5時30分起床。曇。気温は13℃。

 さて本日は。

 実家から親父を乗せ、立川市で女房を乗せ、途中亡くなった戦友宅に寄り、途中の病院で、女房の親父さんのお見舞いをして、伊東市まで行きます。
 親父の戦友会が伊東市であります。私と女房も同じホテルへ止まります。

 安曇野市の実家を出発が7時15分(101441km)−韮崎IC−8時39分(101560km)中央道境川PAを8時45分−八王子IC−9時54分(101647km)立川市のアパート10時3分−11時8分(101669km)狛江市安藤さん宅322号室12時17分−14時45分(101717km)鶴牧温泉病院14時16分−平塚IC−16時14分(101787km)伊東市の伊東園ホテル着でした。
 温泉に入って夕飯はバイキングでした。
 親父の戦友会の人たちは最初5人に予定でしたが、実際の参加は4人で、夕飯時の乾杯を記念撮影です。
 夕飯を食べたら眠くなり、寝てしまい、目がさめましたら、2時過ぎで、mixiをやり、HPのUPと写真のプリントです。

 14日は、私と女房は、再度病院で用事をしまして、立川市へ戻り、先のVAILで同室でありました、小川先生宅へ。
 私と女房は、立川市のアパート泊まりです。
 親父は、戦友会の人と、どこかへ観光に行き、2泊目をします。
 15日、私は立川市から伊東市まで、親父を迎えに行き、昼までには、安曇野市の実家へ戻ります。
 午後は、Hakuba47シニアスキークラブのシャブシャブカップがあります。ようやく開催日が決まりました。
 シャブシャブカップは、クラブの親睦レースで、1本目のタイムを参考に、自己予想タイムを申告し、2本目をレースし、申告タイムに近い人が優勝です。
 昨年は、女性が優勝者で、0.22秒差でした。お見事です。
 優勝者には美味しい信州牛のシャブシャブ用肉が1kg副賞で、シャブシャブ用の鍋が優勝杯です。
 その後、夕方から信州牛のシャブシャブで懇親会が行われます。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影