2009年4月19日 白馬 131日目   戻る
 6:05 Hakuba47と五竜岳方面   6:05 八方尾根と白馬三山方面
 6:05 アパートの東側 お日様が見えてます  8:11 白馬五竜 ゴンドラ乗り場横から
 8:29 同 ゴンドラ降り場の掲示板 暖かすぎです  8:37 同 アルプス第3ペアリフト上からグランプリコースを
 8:47 同 グランプリコースで 志岐先生  8:48 同 同 井上さん
 9:25 Hakuba47 R−8にて 志岐先生   9:31 同 R−2にて 井上さん
 9:58 同 Line-C終点(赤沢の頭)の木  10:09 同 R−1上部分岐手前から上を
 10:23 同 赤沢の頭からLine-E乗り場と五竜岳方面  10:27 同 Line-E上からパノラマコースを
 10:34 白馬五竜のゴンドラで降りる   16:12 落倉自然園 ミズバショウを見に
 16:20 同 ミズバショウの大群落  8788  16:20 同 珍しいオチクラミズバショウ
 16:24 同 ショウジョウバカマ  16:28 同 珍しいオチクラミズバショウ
 16:29 同 ミズバショウの大群落  16:29 同 ショウジョウバカマ
 16:33 同 ミズバショウ   16:39 同 ざぜん草

 4月19日、白馬のアパートで、6時起床。快晴。気温は4℃。昨日より2℃寒い。定点観測。

 さて本日は。

 白馬五竜で今シーズンの131日目です。朝一で志岐先生らを連写予定。

 少し朝もたもたして、白馬五竜の上の駐車場へ着いた時は、すでに満車で、道路脇に駐車しました。8時2分です。
 スキー靴に履き直し、ゴンドラ乗り場へ向かいますと、中村さんとの声が、志岐先生と井上さんが、すでに並んでいました。
 すでに、建物の外に並んでいます。
 8時15分に営業開始で、我々が乗車出来たのは、8時20分頃でしょうか。
 ゴンドラ終点で降り、左側の出口より、グランプリコースへ向かい、練習無しで直ぐ連写です。
 グランプリコースで何回か撮影し、パノラマコースでも撮影し、五竜岳をバックに、Line-Eリフト沿いのR−8で何回か撮影です。
 R−2の入口でも五竜岳をバックに撮影後、R−2上段、中断、下段と撮影し、戻ろうと、Line-Cに乗りました。
 と、もう少し撮影してと、R−1でも2回の連写でした。
 私は白馬五竜へ戻りゴンドラで下車し、車に戻り、Hakuba47へ向かいました。
 Hakuba47シニアスキークラブの溜り場へ行きますと、すでに志岐さんらが休憩してました。
 溜り場で画像整理し、井上さんには、画像をDVD−Rに焼き、渡しました。
 志岐先生には、アクティビティセンターでA4に20コマのプリントを多数して、渡しますと、DVD−Rも欲しいと。
 DVD−Rを直ぐ焼きましたが、時間に間に合わず、来週に渡すこととなりました。
 2時に志岐先生は迎えの車で、ホテルへ戻りました。
 それから私は、いつものを108杯目です。

 少し早めにHakuba47を出て、落倉自然園のミズバショウを撮影に行って来ました。
 ここには、珍しいオチクラミズバショウと呼ばれる、ミズバショウが少しあり、中々探せません。

 ミズバショウ、白い部分は仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれ、中央の花を包んでいる。花が終ったあとの葉は大きく生長し1m近くになる。実は熊が食べることもあり、糞によっても分布が広がる。白馬には仏炎苞が2枚ついているものもありオチクラミズバショウという。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影