2009年5月26日 安曇野市にてしろごせ   戻る
 7:34 拾ケ堰上の田圃 しろごせ開始  0172  7:38 同 えぶり 今日は上側を使用  0173
 7:40 同 しろごせ中 後ろは白馬方面の山  0174  10:30 同 しろごせ完了 少し凸凹が  0175
 10:30 同 同  0176  10:37 第2拾ケ上の田圃 しろごせ中  0177
 10:37 同 同  0178  10:38 同 同  0179
 10:41 同 同 左側の羽は下りてます  0180  10:43 同 同 左側の羽を上げました  0181
 11:19 同 しろごせ トラクター分は終了  0182  11:19 同 洗いに向かいます  0183
 11:21 隣の田圃 望月さんがしろごせを 大きい 0184  11:22 同 同 トラクターは一回り大きい  0185
 12:00 同 しろごせ終了ですが凸凹が見えます 0186  17:37 安曇野市の実家を出てまもなく 常念岳と夕日
 17:38 同 写り込みの夕日と  0190  18:50 白馬のアパートの2階から 白馬五竜岳等 0191
 18:50 同 八方尾根と白馬三山を  0192  18:51 同 アパートの裏側  0193

 5月26日、安曇野市の実家で5時50分起床。大寝坊。気温は12℃。晴れ。

 さて本日は。

 実家の2枚の田圃の田植えをする前の、しろごせ(しろかき(代かき))をします。
 こちらでは、しろごせと言い、苗を植え易くするため、田圃の土と水をトラクターでかき混ぜて、土を柔らかく、平にすることです。
 トラクターの運転は、親父がします。
 どうしても機械ですので、曲がる時に、土が寄りますので、凸凹になりますが、私が、えぶりを使って平にします。
 そして、1日あけ、28日が田植えです。

 午前7時前より、準備開始で、広がっているローター部分をたたんで、親父の運転で出発しました。
 私は軽トラックで追いかけました。
 7時半、拾ケ堰上の田圃に着き、たたんでいたロータリー部分を広げてから、トラクターは田圃に入り、しろごせの開始です。
 途中から左側の羽を出して(最初に広げるのは私も手伝いました)、広めに平にして行きます。
 最後に畦に沿って行く時はその羽は折りたたみました。
 そして9時35分頃、トラクター分のしろごせは終了し、第2拾ケ上の田圃に親父さんは行きました。
 私はその後も、えぶりでしろごせの仕上げをしまして、午前10時30分に1枚目が終了しました。
 少し凸凹がありますが、良しとします。
 私が第2拾ケ上の田圃に行きましたら、かなり進んでまして、半分以上進んでます。
 常念岳が田圃の水面に写っている所で、親父を入れて撮影しました。
 午前11時15分過ぎ、第2拾ケ上の田圃は、トラックター分が終了し、ロータリー部分を私がたたんで、トラクターの泥を洗いに行きました。
 横の田圃で、苗を作って貰っている望月さんもしろごせをしていましたので、常念岳をバックに撮影しました。
 私は、しろごせの仕上げをしますが、中々旨く平にならず、最後は、少し凸凹がありますが、OKとしました。
 私もトラックターを洗っている場所へ行き、少し手伝いました。
 そして、実家へ戻り、トラクターからロータリーを付けたまま、ビニールハウスにバックで入り、ロータリーを切り離して置きました。
 トラクターだけ表に出て、幅の狭いロータリーをセットして、ビニールハウスに入りました。
 お昼は、妹が来ていて用意してくれて、いただきまして、HPのUPとmixiです。
 まもなく、白馬へ戻ります。

 少しプリントしたり、mixiの日記のコメントを書いていたりで、出発が午後5時半でした。
 実家から南にあります、望月さん宅へ写真を渡して、白馬へ向かいました。
 途中、雲の間から夕日が差し込み、田圃に写ってますので、常念岳等を入れて撮影しました。
 途中、眠くもならず、白馬のアパートの到着は午後6時36分でした。
 夕焼けにはなりませんでしたが、もう何日も白馬にはいないので、夕方の定点観測をしました。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影