2009年7月16日 安曇野市〜霧ケ峰のニッコウキスゲ   戻る
 5:34 実家の2階から 東側を   5:35 同 南側を
 5:38 実家の南側の庭から 西側を  11:30 松本市惣社にあります鶴屋 黒豚・ソースカツ
 11:35 同 大町黒豚角煮ラーメン を注文   11:37 同 同 が来ました
 12:41 霧が峰高原 三峰展望台手前にて  1154  12:41 同 同  1155
 12:41 同 同  1156  12:41 同 蓼科山?  1157
 13:11 霧ケ峰高原ニッコウキスゲの大群落 駐車場  13:13 同 税所に左側に歩くと  1159
 13:14 同 道に沿って咲いてます  1160  13:14 同 同  1161
 13:15 同 同  1162  13:15 同 同  1163
 13:16 同 同  1165  13:16 同 同  1166
 13:18 同 同  1167  13:19 同 同  1168
 13:20 同 同  1169  13:21 同 同  1170
 13:21 同 シシウド?  1171  13:33 同 ビーナスライン 車が結構走ってます 1178
 13:33 同 南側?  1181  13:33 同 中央雲の下に富士山が  1180
 13:33 同 同  1181  13:40 同 ニッコウキスゲと雲  1184
 13:43 同 ニッコウキスゲ  1186  13:43 同 同  1187
 13:46 同 同  1188  13:46 同 同  1189
 13:47 同 同  1190  13:47 同 同  1192
 13:49 同 同 と雲  1193  13:49 同 同  1194
 13:50 同 同 と雲  1195  13:50 同 同 と雲 少しカメラを上に振ると 1196
 14:01 同 同  1197  14:02 同 同  1198
 14:02 同 北アルプスを望む 85mm 1199  14:03 同 常念岳等 235mm  1200
 14:03 同 北アルプスを望む 28mm  1201  14:04 同 同 150mm  1202
 14:06 同 車山方面  1204  14:10 同 八島湿原方面  1206
 15:48 諏訪大社下社春宮そばに万治の石仏が 1211  15:51 同 説明板  1212
 15:51 同 正面から 47mm  1213  15:51 同 左から 35mm  1214
 15:52 同 右側から 24mm  1215  15:55 同 けんちゃんの後ろ姿を 15mm  1219

 7月16日、安曇野市の実家で5時30分起床。気温は22℃。晴れ。実家の2階と南側の庭から撮影。

 さて本日は。

 mixiのマイミクのけんちゃんと、松本市美術館で美術展を見学し、霧が峰高原でニッコウキスゲを見に行って来ます。

 けんちゃん宅を10:00丁度に出発できました。
 まず、松本市美術館で中信美術展を見ました。けんちゃんの義兄が彫刻を出品しておられます。
 日本画・洋画・彫刻・工芸の大作が展示されておりますが、私には理解できかねるものが大半です。
 良さがわかるようになれば、私の写真も良くなるかな。
 常設展示としては、草間彌生さん外があります。

 お昼は、けんちゃんの希望で、松本市惣社にあります、「黒豚・ソースカツ 鶴屋」で大町黒豚角煮ラーメン860円をいただきました。
 美味しかったです。どう美味しかったとは、私には言えません。

 そして、霧ケ峰に向かいました。途中から、私が走る細い道でなく、左折してそれより広い道を走って、扉峠を過ぎ、ビーナスラインへ入り、三峰大展望台手前に少し停車し、写真を撮りました。
 昨日の来る予定を私の間違いから、1日延ばしましたが、天気が良くなり良かったです。

 八島湿原に寄ろうかと思いましたが、駐車場が満杯でしたので通過しました。
 13:08ビーナスライン車山肩駐車場?(ビーナスの丘?)へ到着。
 駐車場はすでに満杯で、山側の駐車場では、駐車出来ず、反対側の駐車場で、丁度出る車があり、駐車できました。
 鹿の被害が多いと聞いてましたので、心配しましたが、この辺は被害も無いようで、丘全体にニッコウキスゲの花が一杯咲いてます。
 いつもより高いところまで歩きまして撮影しました。
 富士山・常念岳・槍ヶ岳が少し霞んでますが、見えました。 
 さすが、けんちゃん晴れ男の面目躍如です。

 その後、車山スキー場まで行きましたが、駐車場から見える斜面に、ニッコウキスゲが見えませんので、素通りして、諏訪経由で、戻る事にしました。

 途中で、折角だから、万治の石仏を見て行きましょうよと、言うことになり、寄り道いたしました。
 万治の石仏は、諏訪大社下社春宮そばに有ります。
 「万治」という名の由来は万治3年(1660年)11月1日(石仏の胴部に刻まれている。他に「願主明誉浄光・心誉廣春」と刻まれているがこの二人は僧籍にも見当たらない)に造られたとされるところによる。
 伝説によると、諏訪大社下社春宮に石の大鳥居を造る為にこの石仏を材料にしようと鑿を入れたところ(その鑿は現存している)、傷口から血が出てきたため職人達は祟りをおそれ、その晩に職人達が夢枕で上原山に良い石材があるという夢を見て、その山に行き探したところ見つけることが出来職人達はこの石仏を阿弥陀如来として祀った。
 それに因んでこの辺りに地名が石仏となっている(住所としては載っていない)。
 この石仏は芸術家の岡本太郎が訪れて大絶賛したことにより有名となった。 Wikipediaから参照しました。

 けんちゃん宅へ17:30到着。
 私は、叔父さん宅にリンゴジュースを買いに寄り、横浜へ持参する12本等を購入しました。
 そして、実家へ18:04到着でした。本日の走行距離は、160kmでした。お疲れ様。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影