2009年11月20日 安曇野市   戻る
 6:12 安曇野市の実家 東側 曇り ISO1600,F4,1/2秒  6:13 同 南側 同
 6:18 実家の少し北側から 常念岳と有明山等  6:18 同 常念岳
 6:18 同 有明山  6618  12:58 先の穂高神社菊花品評会に出展の親父の菊
 12:59 同 菊の花がボリュームたっぷりに  6620  13:13 牧大根畑 割れた牧大根を切りに   6621
 13:14 同 東側 穏やかです  6622  13:14 同 西側の稜線は雲の中  6623
 13:55 牧大根畑の下の畑 堆肥を蒔きます  6624  13:55 同 中央は先に抜いたネギの畝  6625
 13:55 同 親父が竹の箕に堆肥を入れ私が蒔きます  14:26 同 黒くなったところに蒔き終わり  6627
 14:38 拾ケ堰上の畑 堆肥を蒔きます   6628  15:08 同 黒くなった向こうと手前に蒔きました 6629
 15:35 実家の味噌部屋を片付けましたら、親父も忘れ
ていた5年?前の味噌 良い味してます   6630
 

 11月20日、安曇野市の実家で午前6時10分起床。曇り。−1℃。寒い。実家の2階等より撮影。

 さて、本日は。
 データ入力。

 お昼前、親父から午後手伝ってくれるかと。
 仕方がないですね。
 で、午後、お昼をいただき、手伝うことにしました。
 まず、だいぶ先に行いました、穂高神社の境内で行われました、第三十回記念あづみ野菊花品評会に出品した、親父の菊は、実家の玄関に飾ってありましたが、その時よりも、花が立派にボリュームが出てきました。
 でも、そろそろ、終わりですね。
 親父の運転で、軽トラックで、牧大根畑に行きました。
 先日収穫して、割れてどうしようも無いのを畑においてきましたが、そのままでは、なかなか腐りませんので、大きいのは3つか4つに、中くらい以下は2つか3つに包丁で切断しました。
 それを終え、すぐ下の畑で、堆肥を箕に入れて運び、蒔きました。箕に入れるのは親父です。
 それも終え、拾ケ堰上の畑に行き、ここでも堆肥を蒔きました。
 それを終えても、時間がありましたので、実家の土蔵の横にあります、味噌部屋から食べれない漬物等を運び出しました。
 その中に、親父も忘れている、かめに入ったお味噌がありまして、さすがに上の方は、食べれませんが、少し上の方を取りますと、綺麗な味噌が顔を出し、舐めてみますと美味しいです。
 冷蔵庫の中の古い漬物も処分することにして、軽トラックに積み、拾ケ堰上の畑に行き、片隅に穴を掘って入れました。
 実家へ戻り、プラスチックの桶を3個荒い、私は上がりです。


 今後の予定。
  11月21日 午後、親父の友人の桑原さんが尋ねてきます。
  11月23日 夜は、長野市で104回長野えびす講煙火の撮影に3年越しで行きたいです。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影