2009年12月1日 安曇野市   戻る
 6:50 犀川白鳥湖 白鳥観察館  7117  7:07 同 少し右に移動して  7118
 7:01 同 給餌 慣れてる鴨  3065  7:03 同 同  3066
 7:05 同 アルプス白鳥の会の会長さん?  3071  7: 同 アルプス白鳥の会の会員さんと  3075
 7:14 同 鴨が争って餌をついばみます  30  7:20 同 左に移動して  3081
 8:39 同 飛び立ちの滑走開始  3082  8:39 同 同  3085
 8:39 同 離水中  3088  8:39 同 ダムの前を  3091
 8:39 同 同  3094  8:39 同 光橋の手前を  3097
 8:39 同 同  3100  8:54 同 第2陣が滑走開始  3103
 8:54 同 こちらに向きを変えて  3106  8:54 同 同  3109
 8:54 同 こちらに向かって来ます  3112  8:54 同 同  3115
 8:54 同 同  3118  8:54 同 同  3121
 8:54 同 同 3124  8:54 同 同 3127
 8:54 同 前を通過  3130  8:54 同 同 3133
 8:54 同 同  3136  9:00 同 第3弾がこちらに離水  3139
 9:00 同 同  3142  9:00 同 同  3145
 9:00 同 同  3148  9:00 同 同  3151
 9:00 同 同  3154  9:00 同 同  3157
 9:00 同 前を通りすぎて  3160  9:00 同 同  3163
 9:01 同 Uターンして来ました  3182  9:01 同 同  3184
 9:01 同 同  3194  9:01 同  3201
 9:07 同 第4弾の離水 3207  9:07 同 滑空 3213
 9:11 同 第4弾  3218  9:11 同 同  3219
 9:11 同 同  3220  9:11 同 同  3222
 9:14 同 曇りのため白鳥が灰色に  3228  9:14 同 同  3231
 9:14 同 同  3232  9:14 同 同  3234
 9:14 同 同  3237  9:16 同 鴨が離水  3242
 9:18 同 5羽の親子 子は2,3,5番目 頭が灰色  3243  9:20 同 鷺 3246

 12月1日、安曇野市の実家で午前6時起床。曇りのち晴れ。2℃。寒い。
 安曇野市豊科の犀川白鳥湖へ白鳥の撮影に行って来ました。
 実家を6時34分に出て約6kmで、犀川白鳥湖に到着です。
 誰もおりませんで、早かったのかなと。
 白鳥観察館の左に行きましたが、行き止まりです。
 右へ行くと、女性(アルプス白鳥の会会長?)が餌をやるのか、バケツを置いてました。
 おはようございます。と挨拶しながら、近づきますと、もう1人会員が来たら、餌をまきますと。
 慣れた鴨がバケツに頭を入れて餌をついばんでます。
 まもなく、1人来られ、餌をまきだしました。
 ここには、白鳥が2羽いるだけで、後は鴨です。
 白鳥観察館の左にいた、白鳥は餌を貰いに来ませんでした。
 餌がまきおわりましたので、私は左に戻りまして、白鳥の離水を待ちます。
 ようやく3人かが見えられましたが、しばらくすると2人はどこかへ。
 残りの1人が私の方へ来ましたので、挨拶しましたら、話が出来ました。
 松本から来たそうで、白鳥が来るようになると、ほとんど来ると行ってました。
 先ほどの2人も知り合いで、通称「田圃」と言う、昼間、白鳥が遊んでいる場所へ撮影に行きましたと。
 その「田圃」の所在地を聞きましたら、おおよそわかりました。
 1時間以上待って、ようやく離水開始です。
 弱い北風のため、北に向かって離陸で、第1弾はそのまま、「田圃」方面に向かいました。
 第2弾は、来たに向かいましたが、旋回して来て、右に行き、再度旋回して、我々の西側を通って「田圃」へ向かいました。
 これを、常念岳が見える、まだ北側で撮ると、常念岳の手前を飛ぶ白鳥が撮れるそうです。
 今日は生憎、常念岳が見えません。
 「田圃」での方が、常念岳の手前に白鳥を入れて撮りやすいそうです。
 9時を過ぎ、白鳥の親子5羽が離水するかと待ちましたが、すぐはしないようですので、鷺を撮って戻りました。
 実家へ戻ったのは、9時43分でした。
 餅米の玄米を2袋、精米しました。その後普通の玄米を1袋精米しました。
 精米すると出る、小糠(こぬか)を牧大根の漬物に使うと言うのです。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影