2010年3月7日 安曇野市<->Hakuba47   戻る
 8:10 Hakuba47 ゴンドラ降り場にて  1780  8:10 同 ゴンドラ降り場のテラスからR−8方面  1781
 8:12 同 アルパインセンターミノス横  1783  8:16 同 いつものR−6で私の滑走跡  1785
 8:16 同 同  1786  8:19 同 樹氷  1787
 8:19 同 同  1788  8:24 同 R−2の下部で私の滑走跡  1789
 8:37 同 Line-C頂上(南沢の頭)の木  17  8:39 同 R−2の上段で私の滑走跡  1796
 8:39 同 同  1797  8:41 同 R−2中段  1800
 8:43 同 R−2下段で私の滑走跡  1801  8:43 同 同  1802
 8:53 同 R−1入口  1803  8:55 同 R−1上段の途中から  1805
 8:56 同 R−1上段の途中から下を  1907  9:08 同 R−1下段の2段目からベース方面を  1808

 3月7日、安曇野市の実家で午前5時35分起床。0℃。小雪。
 Hakuba47&白馬五竜でスキー滑走52日目。午後は北野大氏が豊科公民館ホールに講演に来ますので、聞きに行きたいです。
 5:40安曇野市の実家を出発し、高瀬川堤防道路を進み、大町市からは南大町駅のそばを通り、大町税務署の前を通り、右折して農免道路を走り、三日町の交差点を右折し、今は営業を止めている大町スキー場の横を走って、一路白馬で、白馬五竜のいいもりゲレンデの駐車場へ、6:42到着で、倉敷市からおいでのKさんを乗せ、6:55の出発で、Hakuba47の上部駐車場へ7:48の到着でした。
 Hakuba47シニアスキークラブの溜り場が開いてませんでしたので、鍵を借りて開けて、準備して、ゴンドラへ行きますと、丁度8:00の営業開始でした。
 R−2が圧雪されているという表示がありましたので、R−6で私の滑走跡を撮影後、Line-Aに一回乗車して、R−6の片側で再度滑走跡を撮影して、Line-Cを少し待って、8:30の営業開始の一番に乗車しまして、R−2上段、中段、下段とファーストランをいたしまして、撮影しました。
 再度Line-Cに乗車して、R−1を下まで滑り、Hakuba47シニアスキークラブの溜り場へ。
 画像整理してHPです。
 お昼はビールバーでピリカラ丼(800円16回目)40食目です。
 Hakuba47を12:05に出て、途中高瀬川の堤防道路沿いにある、ガソリンスタンドで、給油後、安曇野市豊科にあります、豊科公民館に13:11に到着し、ここで行われます、市民講座 第4安曇野自然文化講演会として、明治大学理工学部応用科学化教授 北野大(まさる)氏の 地球環境を救う新しいライフスタイルへ〜安曇野の水と文化の継承のために〜と題する講演会を聞きました。

 北野さんの講演は、具体的に安曇野を取り上げてはいませんでした。
 公害--->環境。
 企業型->都市型、生活型。
 その他、クイズも入れての講演でした。 色紙5枚と著作本3冊のプレゼントがありました。
 物質的価値から精神的価値へ。
 幸福感は財/欲求、で足知(足るを知る)が大事ではと。
 自分の車はカローラで弟はロールスロイス。
 一番の印象は、原子力発電を容認していることで、環境を考えると、代替、例えば風力発電は、現実的ではない。
 原子力発電100万KWの1基分は、風力発電では、高さ40mの大型1000kwを1,000基(風の効率を考えると5,000基必要)ですと。
 ただ、高レベル放射能廃棄物の処理をどうするかが問題ですと。
 ガラスに封じ込めて、地下に埋めるのが現状では一番言いと思うが、1万年後まで、どのようにして、その所在地を伝えるかと。

 公民館を15:19に出発し、豊科郵便局と穂高郵便局に行きましたが、休日は15:00まででした。
 穂高郵便局の駐車場で、単行本を1冊、読みまして、途中買い物をしまして、実家へ到着は18:15でした。


 今後の予定。
 3月10日 Hakuba47&白馬五竜でスキー滑走53日目。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影