2010年5月15日 安曇野市   戻る
 9:02 望月さん宅の田圃を入れて常念岳から白馬方面を 常念岳の左も1枚撮影しましたが、重なりが小さくて合成出来ず。 9622-27 
 9:56 親父から言われて360度撮影しましたが、メモリー不足で合成出来ません。 西側を。 9542-51
 9:57 同 東側を。  9452-61 
 9:58 焦点距離を35mmにして360度撮影してパノラマ化 元画像を小さくしてから合成。 かなり失敗作です。

 5月15日、安曇野市の実家で午前5時40分起床。2℃。寒い。晴れ。

 8時過ぎ、親父が山を撮ったのでとコンデジを渡され、最後の4枚かをパノラマ化してと。
 え〜、朝、私が常念岳を見た時は、雲があり、頂上付近しか見れませんでした。
 親父、望月さん宅へ用事があって行きまして、ふと山を見ると、快晴でクッキリと、かつ、田圃は田植えが終了したばかり。
 急ぎ、自宅へ戻り、私が貸しているコンデジを持って、再度、望月さん宅のすぐ北側に行き、撮影したそうです。
 パノラマ化しますと、クリアに撮影されていましたので、私も場所を聞いて撮影して来ました。

 レンズの焦点距離55mm縦位置で、7枚を注意深く、少し重なるようにして撮影しまして、自宅でパノラマ化しましたら、1枚目と2枚目が重なりが少なく、私のソフトでは合成出来ませんで、2枚目から7枚目の6枚(9522-27)で合成したのが、上記の1枚目の画像です。

 親父が撮影したのをパノラマ化して、A4の紙に横長でプリントして見せましたら、もう少し南側から、360度の撮影が出来、好きなところで、残して置きたい景色ですと。
 で、場所を聞いて、レンズの焦点距離を2種類で撮影して来ました。
 
 上記の画像2(9542-51)と3(9552-61)は、レンズの焦点距離50mm縦位置で20枚を撮影したものからです。
 20枚のほうは、パノラマ化させると、メモリー不足になりますので、手間を省くため、10枚づつ合成して、2枚にし、それを縮小して、再度合成させようとしますと、画面上では合成できているのに、保存すると、美味く出来てません。
 そこで、10枚ごとの画像をUPしました。
 上記の画像4(9562-74)は、レンズの焦点距離35mmで13枚撮影して来ました。
 やはり、合成させるとメモリー不足になりますので、こちらの画像は、各々を少し縮小してから、保存して、合成しました。
 重なりが少なくて、かなり失敗作です。


今後の予定。
 5月15日〜16日 あがたの森文化会館で、「立川流彫刻展 in 松本 2010」が行われますので、見に行きたいです。
  妹の旦那さんの先祖が立川流に関係してます。
 

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影