2010年7月31日 安曇野市   戻る
 06:43 実家の玄関先の藤の花 3回目の開花  0837  06:44 同 同 29日朝に開花に気がつきました  0836
 06:44 同 同  0839  7月10日 流しヨーメン用竹の準備  0364
 7月10日 流しヨーメン用竹の準備  0365  12:31 中下地区納涼祭 準備  0841
 12:35 同 同 虹鱒とカニが  0843  13:18 同 同 包丁研ぎ  0844
 13:19 同 同 同  0845  13:20 同 同 同  0846
まだ有ります
 1: 同 同  08  1: 同 同  08

 7月31日、安曇野市の実家で午前6時35分起床。23℃。晴れ。中下作業所で中下地区の納涼祭。12:30〜準備から参加。
 同じ頃第27回信州安曇野わさび祭り「納涼祭」がありますが不参加。

 29日に気がつきましたが、実家の玄関先の藤の花が3度目の開花です。
 1回目は5月7日に撮影
 2回目は6月29日に撮影

 納涼祭、朝から準備する人が来て、流しソーメンの準備が始まりました。
 予定通り私は12:30に伺いますと、準備が着々と進んでいます。
 そして、早くも包丁研ぎが始まりました。
 午後、4時45分過ぎ、ソーメン流しのテストを行い、旨く流れることを確認しました。ただ、茹でる時間が短かったようで、少し硬いです。
 その前から、焼きトウモロコシと焼き鳥用の炭がおこされ、準備が完了です。
 焼きそばも、若い人ですが、学生時代に活躍したと、奥様と一緒に焼きだしました。
 そして、午後5時に子供向けの納涼祭が開催されました。
 受付で、受付して、無料引換券を受け取りますと、一人一回はただで、飲み食いができ、スーパーボールやヨーヨー釣りが出来ます。
 七夕の願い事を書いて吊り下げるコーナーもあります。
 ソーメン流しが人気で、ミニトマトも好評でした。
 子供たちは、43名受付したと言うことでした。そんなにいたのかな。87軒の中下地区ですが、子供さんは、隣の地区からも5人とか参加ですと。
 プールに鯉、虹鱒、赤魚、カジカやカニが放されており、子供が触ってました。これも好評です。
 スイカ割が行われますが、中々当たらず、割れません。力の強い子供が、スイカ割の棒をスイカに当たらず、地面に当たって折ってしまいました。
 スイカが切られ、振舞われました。アイスキャンディも渡されました。

 午後6時半前から、集会所の室内で、手品が行われましたが、子供さん相手ですと、手品する人も大変なようです。
 午後、7時前に子供さんは自宅へお帰り願い、実行委員らが片付けをして、午後7半前から、懇親会が始まりました。
 恒例の集合写真を撮らせていただき、すぐプリントして、飾りました。コマプリントは、翌朝の片付けの時には、室内北側の壁際に張りました。
 午後、8時45分解散予定ですが、中々終了する雰囲気にならず、9時半過ぎに食器の洗物を始めましたが、まだまだでした。
 私は何時頃か、帰らせていただきました。
 11時頃までやっていたようです。


今後の予定。
 8月1日 高ボッチ草競馬。 昨年行けなかったので行きたいですが、行けませんね。
 8月2日〜3日 長岡花火。 

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影