2010年9月14日 安曇野市   戻る
 5:36 牧大根の疎抜き まだ日の出前で常念岳が少し赤い 3950  5:37 同 疎抜き前  3951
 6:56 同 疎抜いた牧大根 味噌汁等でいただく  3952  6:57 同 疎抜き終了 1畝に220〜230本かな  3953
 6:57 同 疎抜いて1本ずつに  3954  

 9月14日、安曇野市の実家で5時10分起床。気温は14℃。いっぺんに下がりまして、寒い位です。霧が出てます。
 牧の牧大根の疎抜き(疎抜き)に親父と女房で行って来ました。午後は白馬へご用です。

 9月1日午後種蒔き機で蒔きました時に、1箇所に3粒の種が落ちるようにセットしましたが、今朝行って見ますと、生えていない所、1本〜4本が生えている所とあります。
 一箇所に1本を残し、余分なものを抜きます(疎抜き(おろぬき)と言います)。
 疎抜いた大根葉は味噌汁に入れたりして、美味しくいただきます。
 牧に向う途中、途中から霧がなくなり、朝焼けの常念岳が見えました。私が運転してましたので、撮影せず。
 牧の牧大根畑から東を見ますと、穂高川あたりは、霧が残ってまして、雲海のようでした。
 疎抜きを開始(5時40分)した後の5時45分頃日の出ででした。撮影出来ず。
 20畝ありますが、6時57分に終了で、親父が早かったねと。早かったのは、かなり1本のみの場所があり、それではかどりました。
 最後は、私と女房が、1畝に何本残っているかを計りましたら、私が225本で女房が230本でした。
 生えていない場所も有りますし、これから虫に食べられるのもありますので、全部で、4000本弱かなと。
 昨年のように割れ物が多くないようにと、思いました。
 妹と弟宅に疎抜き大根葉を渡して、実家へは、7時半の到着でした。

 午後、白馬へ行ったのですが、ご用の前に、以前住んでたアパートのおばさんを訪ねました。
 その後、ご用をしました。実家への戻り道、眠くて困りました。


今後の予定。
 9月17日 税理士会松本支部の木曽例会等へ。水木沢でハイキングを行い、木祖村菅の「あららぎ荘」で例会等です。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影