2011年10月3日 安曇野市  前日へ 戻る 次の日へ
 6:55 稲刈りの準備 実家上の下の田圃 北西からコンバインが
入りますので広く刈りました 広すぎるのでは  6080
 7:08 同 同 南西の角  6081
 7:18 同 同 南東の角  6082  7:28 同 同 北東の角  6083
 7:45 同 拾ケ堰上の上の田圃 南東がコンバインの入口 6084  7:55 同 同 北東の角  6085
 8:06 同 同 北西の角  6086  8:17 同 同 南西の角  6087
 8:29 通称「北沖」の大豆畑 葉が黄色に 枝豆を  6088  8:31 同 この後、豆だけを枝から取り外しました  6089

 10月3日、安曇野市の自宅で5:40起床。10℃。寒い。雲り。

 6:30頃、女房を伴って自宅を出て、拾ケ堰上の上の田圃へ、稲刈りの準備に出かけましたが、見本が見当たりません。
 で、下の田圃へ向かいました。下の田圃でも、見本らしき場所が見当たません。私の田圃に見本で刈ったのではないようです。
 私の田圃の北東に、準備が終わったと思われる田圃がありますので、そこを見本にしました。親父の言うより広く刈ってありました。
 下の田圃のコンバインの入口から刈りだしました。その後、北西、南西、南東と角を刈りました。横が広すぎのようですが。
 上の田圃へ戻り、コンバインの入口から刈りだしました。先日三反歩をやったのでは、入口が狭かったようです。
 上の田圃、入口、北東、北西、南西の角を刈って終了は8:17でした。
 そして、通称「北沖」の休耕田の大豆畑に枝豆を採りに行きました。
 私も、確かには知らなかったですが、枝豆は大豆の若いのだと。枝豆と言う種類の豆があるのかなと思っていました。
 少し硬めではありますが、まだ葉が緑色を選んで採って、その場で、枝から枝豆を外して自宅へ戻りました。

 知り合いのKさん宅へ、パソコンの操作で、指導に午後3時過ぎに行きまして、しばらくしましたら、望月さんから、これから袋詰の作業をするから、印を持ってお出でと。
 急いで、操作の仕方を教えまして、設定を変えました。急いで戻り、作業服に着替えて、望月さん宅へ行きました。
 袋はと言うので、え~~。自宅へ戻って、ビニールハウス内にあった、出荷用の米袋88枚を持っていきました。
 名前のゴム印はと言うので、あったか不明ですので、ボールペンで書くことに。ゴム印を2箇所と名前を1箇所記入しました。
 望月さんの娘さんとお婿さんが、30kg入りの米袋に乾燥水分(14.6%?)済みのお米を入れて、縛ります。
 私も、ゴム印と名前を書き終わり、途中から、出来たお米袋を、パレットへ積み上げました。
 三反歩(29.90a)の分で、60袋とαでしょうか。今年は取れすぎです。
 拾ケ堰上の2枚の田圃は明日、望月さんが稲刈りをしてくれ、5日には乾燥が済、出荷可能になりますと。
 5日夕方手伝いに行きます。どの位の収穫量かな。

 トレーニング再開41日目。18:00過ぎ。時間を50分に延ばし負荷を変えまして、29.5kmの走行でした。

 4日に追加。望月さんよりの注意事項。
  稲刈りの準備は、入口は広くで、角は幅6~7条で長さは私の足で7歩位は必要と。手で刈った稲は一抱えられるように集めてと。
  土手と稲の間が、モグラで掘られてないか見て、土が盛られていたら、平にしてと。土盛でコンバインの刃が欠けることがありますと。


今後の予定。
 10月4日 望月さんが拾ケ堰上の2枚の田圃の稲刈り。
 10月5日 夕方、新米が出荷ですと。
 10月6日~7日 税理士会の長野県連研修会。
 10月8日 9:30~第43回安曇野観光草競馬大会。

前日へ   戻る   次の日へ      EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影