2012年11月12日(月) 安曇野市  前日へ 戻る 次の日へ
 9:41 安曇野市豊科の一乗寺でお会式 準備  9408  9:56 同 同 護待会会長さんの挨拶  9421
 9:56 同 同  9422  9:58 同 万灯を組み上げるに使う杭を立てる  9423
 9:59 同 吹流し用のポールを伸ばし  9424  10:03 同 ポールに吹流し等をセット  9425
 10:05 同 ポールを地面にセットされている杭にセット 9427  10:06 同 吹流しが完成  9428
 10:06 同 万灯の中心部を杭にセット 9429  10:07 同 同 セットされた万灯の中心に竹ヒゴに付けられた花
をセット 9430
 10:14 同 同  9432  10:17 同 出来た万灯を自立させる杭を打つ 9433
 10:21 同 万灯製作中 竹ヒゴに付けられた花を竹の輪につなぐ
 9435
 10:22 同 同 仮の心棒に変えて灯籠付きの心棒をセット 9436
 10:25 同 同 同 9437  10:27 同 同 同 9439
 10:31 同 同 下側も竹の輪につなぐ 9441  10:43 同 同出来上がった万灯  9443
 10:44 同 同 灯籠をセット中  9444  10:49 同 幟旗をセット  9445
 10:51 同 同  9446  10:52 同 同  9447
 10:56 同 幟旗が完成  9448  11:06 同 2度目の一乗寺の正面を撮影  9449
 11:06 同 灯籠がお寺の前の道の壁にも  9450  11:06 同 一乗寺の正門を入ると  9451
 11:07 同 日蓮聖人像と万灯等 紅葉も  9452  11:12 同 早昼の時間です  9456
 11:16 同 同  9457  11:16 同 同 お赤飯が  9458
 11:40 同 本堂正面に幕が張られ  9460  11:41 同 3度目の一乗寺の正面  9461
 12:05 同 本堂内の正面が良く見える場所に陣取りふと見ると
  9462
 12:05 同 同 私がお供えした玄米に名札が 9463
 12:05 同 お会式の式次第等  9464  12:20 同 ふと外を見ましたら、強風で万灯が倒れる寸前で、
ロープを3方に渡しました  9465
 12:51 同 本堂内の飾りつけ  9467  12:52 同 同 アップで  9468
 13:01 同 昇堂太鼓を  9469  13:01 同 同  9470
 13:02 同 導師式衆昇堂  9471  13:02 同 同  9472
 13:03 同 式次第に沿ってお会式が進められますが  9474  13:10 同 同  9475
 13:31 同 同 お焼香  9477  13:33 同 同 同  9478
 13:48 同 同 住職挨拶  9481  13:48 同 同  9482
 13:50 同 同 太鼓が鳴らされ  9483  13:51 同 同 高座説教が始ります  9484
 14:00 同 同  9487  14:02 同 同  9488
 14:48 同 同  9489  14:50 同 高座説法の終りのタイコ  9490
 14:52 同 万灯 三方からロープで転倒防止に  9491  14:58 同 同 分解して 9493
 15:07 同 同  9494  15:34 同 お会式終了後のお小昼を  9497
 15:34 同 同  9498  15:34 同 同  9499

 11月12日、安曇野市の自宅で6:30起床。予定より30分寝坊。4℃。霧で晴れに。
 10:00~一乗寺で準備して13:00~日蓮上人御入滅第731回「報恩御会式大法要」。

 軽トラに昨日使用の青いブルーシート載せて自宅を9:30-9:40前に一乗寺へ 少し待って準備開始の挨拶があり、吹流しを立て
 ました。 万灯を製作して立てました。昨年は写真の会合があり、今年初めての経験でした。その後、幟旗が上げられ、準備終了で早昼
 をいただきました。お赤飯が出ました。その後、本堂の外側正面に幕を張りました。ある人の物言いにカチンと来ました。
 まだ、12:00前ですので、自宅往復も可能ですが、のんびりするのも良いかと、本堂内の正面が見える市にイスを持ち出し、座りました。
 ふと、正面横を見ますと、私の名前が。昨日持って来た玄米がお供えされてました。本堂内から万灯やイチョウの葉が落ちてくるのを
 ぼんやりと見てましたら、強風が来て、万灯が倒れそうになりました。大声で護待会の会長さんに、風で万灯が倒れそうですと。
 お寺にいた男衆を呼び集めて、ロープで三点で引っ張り柱で固定しました。良かった。
 13:00に昇堂太鼓が鳴らされ、参拝者着席、導師式衆が昇堂しまして、「報恩御会式」が始りました。
 式次第に沿って進行し、お焼香、住職挨拶があり、布教師 松井教一(27歳で住職となり30年目ですと)師が高座説教を行い、
 日蓮聖人の略年譜の説明後、日蓮聖人の龍口法難時の、日蓮聖人の弟子、日朗さんや日進さんの話が途中までありました。
 14:50過ぎ、高座説教が終り、一連の「報恩御会式」が無事終了です。すぐ後片付けが行なわれ、万灯の分解や幟旗を降ろして、
 ポールの取り外し等を行い、15:30過ぎ、大客殿で懇親会が執り行われました。赤飯がオムスビとなって出ました。
 横に座った人と、牧大根の話になり、割れた牧大根を貰ってもらえる事になり、その方の自宅そばまで行き、その方を乗せて、
 私の自宅へ。長靴に履き替え、牧の牧大根畑に。牧大根に興味があって、何とか利用できないかと考えているようです。
 割れたのでも良いからと持って行くことに。長大根等も収穫して、その方の自宅そばへ行き、牧大根等を渡しました。
 護待会の2人の副会長さん宅へ、長大根等を持って行き、貰っていただきました。そして自宅着は暗くなった17:30過ぎでしょうか。


今後の予定。
 11月13日(火) 牧大根の収穫その2を予定。
 11月14日(水)~15日(木) 東京方面に。牧大根・長大根等や精米を届けます。


前日へ   戻る   次の日へ      EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影