2013年5月22日(水) 安曇野市  前日へ 戻る 次の日へ
 8:33 三反歩の田 水を止める前  3426  8:39 同 開始前  3427
 8:39 同 常念岳がくっきりと見えます  3428  10:01 同 終了  3429
 10:02 同 同  3430  10:22 拾ケ堰上の上の田 北西の端から開始  3431
 10:44 同 途中です 鹿島槍ヶ岳等も綺麗に  3432  10:44 同 同 同 3433
 11:20 同 終了  3434  11:27 拾ケ堰上の下の田 開始前  3435
 12:38 同 終了  3436  15:32 腰振りダンス3日目 拾ケ堰上の下の田 途中から 3437
 17:31 同 時間が来て途中で中断  3438  : 同 同  34

 5月22日、安曇野市の実家で5:10起床。9℃。晴れ。田圃の荒代かき(荒くれ=信州の方言?=荒代かき)
 
 今日は荒代かきです。6:00過ぎまず水見(水田に水がどの位あるか)に行き、三反歩の田が、少し少ないので水を入れます。
 8:30過ぎに水を止め、戻ってトラクターを運転して、三反歩に向かいました。
 荒代かきの作業内容を一昨年親父から教わり、私がやりましたが、今年も同じように行くかしら。
 三反歩での荒代かき作業手順です。出入り口は北西です。
 ① 出口から出易いように、作業手順を考える。
 ② 畦に沿って、ロータリーを回さずにトラクターで一周する。
 ③ 西側の畦の東側に2車体分を開けて、ロータリーで荒代かき開始。
 ④ 南側まで行くと、前輪を畦に乗り上げるまでロータリーを回し、ロータリーをあげ、少しバックします。
 ⑤ 横に1車体分開ける(この1車体分開けるが難しいので、いつも狭い=作業効率が悪い)ように転回して、バックして畦の近くからロータリーを回しながら進みます。
 ⑥ 北側まで行くと、④と⑤と同様に作業を行なう。
 ⑦ 東側の畦の2車体分開きまで行くと、開けて来たところを④⑤と同様に作業する。
 ⑧ 西側の2車体手前まで行くと、出易いように考えて、北側の畦沿いを荒代かきして、④と同様にして、角を曲がり、東側の畦に沿って荒代かきを。
 ⑨ 南側、西側沿いと作業して、北側の1車体中側を同じようにします。東側南側西側と進み、最後に出口から上がります。
  ですが、最後の2車体分の荒代かきは3車体分を行ないました。④の前輪を畦に乗り上げるまで を余り畦に乗り上げませんでした。畦を壊しそうです。
  そのため、3車体分の転回場所が必要でした。
 三反歩は8:39から荒代かきを始め、終了は10:02でした。
 2枚目は、拾ケ堰上の上の田圃で、10:22拾ケ堰上の上の田の荒代かきを始めました。
 この田圃は、出入り口が南東ですので、三反歩を参照にして、作業内容を考え作業しました。 11:20に作業終了です。
 3枚目の田圃は拾ケ堰上の下の田圃で、出入り口は北西ですので、三反歩と同様に作業しました。
 11:27作業開始で、12:38作業終了でした。
 今年もこの日は暑くて、30℃を越えたようです。 少し涼しくなってから、腰振りダンスの3日目。
 場所は、拾ケ堰上の下の田圃で、途中からです。 北側の土手の一部と道路の中央の一部が残りました。
 ある場所で、写真の御用です。



今後の予定。
 5月27日(月)~31日(金) 法人税等の確定申告事務で忙しいです。 合間に一乗寺の護待会の
              会計補佐の立場で、会計担当さんの会費徴収事務のお手伝いも。


前日へ   戻る   次の日へ      EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影