2012年05月24日 ワイン平沢畑    戻る 
 15:37 駒ヶ原の平沢畑でワイン用のブドウを栽培  3197  15:37 同 ツルを手でつまんで取る作業を長時間  3198
 15:37 同 花は6月の中旬に咲きますと  3199  15:41 同 この畑1枚でワインが約3,000本出来ますと 3200

 5月24日、安曇野市の実家で5:25起床。10℃。晴れ。税理士のお仕事で飯田市の手前の高森町へ。
 戻る途中で宮田村でワイン用のブドウを栽培している駒ヶ原の平沢畑に寄ります。

 高森町の得意先で税理士のお仕事後、下道を走行して、宮田村でワイン用のブドウを栽培している駒ヶ原の平沢畑にお邪魔しました。
 丁度、平沢さんご夫妻はブドウ畑で休憩中でした。コーラ等をいただきました。
 今の時期は、ブドウのツルを手ではさみ取り、必要ならば枝を仮止めしますと。根気のいる仕事で、大変ですと。
 平沢畑を経営している平沢さんは、先月(24日)白馬五竜での雪上焼肉会で出会った人で、今回が2度目の訪問です。
 平沢さんはワイン平沢畑と言う名前で、山ブドウ種とカベルネ・ソーヴィニヨンの交配種「ヤマソービニオン種」のブドウを栽培してます。
 このブドウで作られた、ワイン「信州駒ヶ原平沢畑」はマスターソムリエ 高野 豊さんが絶賛しましたと。
 ワイン用の葡萄以外に、スモークチーズや葡萄ジュース、葡萄ジャムを作っています。少し購入しました。アルプスサーモンの燻製も。

  戻る           EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影