2011年5月5日夕方~ 小田原市で松原神社祭礼3日目  お祭り最後の宮入です    戻る

                                                                              
 14:41 青物町に本社神輿が 神輿の前を歩く総代達 3150  14:49 同 本社神輿が来ました  3152
 14:52 同 本社神輿が「とぶ」  3153  14:52 同 同  3154
 14:52 同 同  3155  14:52 同 同  3156
 15:31 本社神輿の宮入 総代さん達が参道に  3157  15:31 同 続いて本社神輿が  3158
 15:34 同 本社神輿の宮入を待つ総代さんら  3160  15:36 同 [とび」最中  3162
 15:36 同 同  3163  15:36 同 「とび」終り  3165
 15:37 同 同  3167  15:37 同 本社神輿が境内に入って来ました  3168
 15:37 同 そして回されます  3169  15:38 同 同  3170
 15:38 同 同  3171  15:38 同 同  3172
 15:41 同 差し上げられました  3173  15:41 同 同  3174
 15:41 同 本殿前に  3175  15:44 同 本社神輿より御霊が取り出される前  3176
 15:44 同 本社神輿より御霊が取り出され  3177  15:45 同 御霊が取り出され 神社内へ納められます 3178
 15:46 同 担ぎ手の会長さん  3179  15:46 同 同  3180
 15:46 同 同 締めの挨拶の後、手打ち 3181  15:48 同 同 同  3183
 15:48 町内神輿宮入 1番手は、千度小路の龍宮神社  3184  15:59 同 2番手は古新宿の龍宮神社  3185
 16:05 同 3番手は新玉  3186  16:09 同 4番手は宮之前  3187
 16:15 同 5番手は御幸町同  3188  16:15 同 同  3189
 16:20 同 6番手は代官町  3190  16:24 同 7番手は駅前2区  3191
 16:24 同 同  3192  16:26 同 同  3194
 16:31 同 8番手は茶畑  3195  16:37 同 9番手は城山  3196
 16:47 同 10番手は本丸  3197  16:45 同 11番手は筋違橋  3198
 16:51 同 12番手は七枚橋  3199  16:59 同 13番手は西海子  3200
 17:03 同 14番手は下幸田  3201  17:09 同 15番手は魚がし  3202
 17:15 同 16番手は白菊  3203  17:16 同 17番手は我が本町  3204
 17:17 同 同 「とび」を受けます  3205  17:19 同 同 木遣りが行なわれ「とび」  3206
 17:19 同 同 「とび」の最中  3207  17:19 同 同 同  3208
 17:19 同 同 同  3209  17:19 同 同 受け止められ  3210
 17:19 同 同 同  3211  17:19 同 同 回ります  3212
 17:19 同 同 回り終わり  3213  17:19 同 同 本町祭典事務所へ戻ります  3214
 17:20 同 同 「とび」を待つ  3215  17:20 同 同 「とび」ました  3216
 17:20 同 同 戻ります  3218  17:26 同 本町祭典事務所 前で待つ人  3219
 17:26 同 同 同  3220  17:27 同 同 同  3221
 17:28 同 同 最後の「とび」  3222  17:28 同 同 同  3223
 17:28 同 同 同  3224  17:28 同 同 同  3225
 17:28 同 同 同  3226  17:28 同 同 最後の「とび」を終え  3227
 17:28 同 本町祭典事務所 見守る人  3228  17:29 同 同 同  3229
 17:28 同 同 横のテント内で慰労会 町会長挨拶  3226  17:46 同 同 同  3233
 17:46 同 同 同 山崎会長の乾杯の音頭  3235  17:46 同 同 同 乾杯  3237

 5月5日、小田原市の本町の女房の実家で8時00分起床。?℃。曇りから晴れに。小田原市で、松原神社の例大祭に。

 今日の午後は、本町の神輿を担いで行き、青物町で遊んでから、宮入り(例大祭の最後を飾る一大イベントで、松原神社の参道を「とび」、その後、いただいていた御霊を還します。)です。
 本来は暗くなってからやる行事ですが、自粛と言う事で、明るい内に終わらせますと。
 「とび」とは神輿が走ります。
---------代榮會のHPより借用しました。-----------------------------------------------------
 松原神社氏子町内の神輿は勢い良く「とぶ」ことで知られています。
 「とぶ」とは小田原から静岡にかけての方言で「走る」ことを意味します。
 「オイサー」「コラサー」と交互に声を掛け合い、要所と定めた場所で木遣りをかけ、数十メートル疾走します。
 そしてそれをピタリと止める「静」と「動」の表現は見事です。
 時として担ぎ手の士気が高まると、神輿を先導する高張り提灯を先に行かせ、「オリャ、オリャ」と野声(やごえ)を掛けてとんで行きます。
 それでも担ぎ手の高まりがおさまらなければ、さらに高張り提灯は急いで先へ進み、またそこまでとんで行きます。
 十分な場所と担ぎ手の気合があればそれを何度でも繰り返します。
 お祭の日に小田原へおいでになった方は、くれぐれも神輿に轢かれないようご用心下さい。
---------------------------------------------------------------------------------------
 14:49松原神社の本社神輿がお出でになり、「とび」ました。その後、本社神輿も宮入で、松原神社に向かいました。
 15:30本社神輿の先導の行列が松原神社に入って来ました。そして、総代さんが階段に並んで、神輿の来るのを待ちますので、その間に集合写真を撮らせていただきました。
 そして、いよいよ、本社神輿の宮入が開始です。正面の参道を、本社神輿が「とび」、神社の境内の手前で一旦止まり、その後静に入って来まして、階段前に置かれました。
 祭主さんが、松原神社の御霊を、本社神輿から取り出し、神社へ戻しました。
 その後、担ぎ手の会長さんからの締めの挨拶の後、手打ちが行なわれ、本社神輿は倉庫へ納められました。
 15:40過ぎ、町内神輿の宮入が始まり、1番手は、千度小路の龍宮神社です。
 6番目が代官町で、我が町内の本町は17番目です。
 何番目かまでは、神社の階段から撮影してましたが、途中から橋の上からの撮影にしました。 
 本町の宮入を撮影して、本町の祭典事務所へ戻り、最後の「とび」を撮影してから、外のテント内で、画像整理を始め、山崎会長の乾杯までを撮影してから、DVDに画像を焼き、山中さんと山崎会長に渡しました。
 慰労会の途中からは、祭典事務所内に場所を移して、コマプリントをして、山崎会長に渡します。
 今回は本町は自粛と言う事で、町内の家々への角付けをしませんでしたので、寂しかったですが、それでも、3日間で約580枚ほどの写真を撮りました。
 コマプリントを終え、山崎会長にそれを渡しまして、私は、安曇野市の実家へ向けて、19:22の出発です。
 来た道を戻り、実家へは23:04の到着でした。


戻る           EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影